長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

2015-03-02から1日間の記事一覧

24.山田按司(最終決定稿)

名護(なぐ)の山中にある木地屋(きじや)の屋敷を朝早く旅立ったサハチたちは、海岸沿いに道なき道を通って伊波(いーふぁ)へと向かった。 鍛冶屋(かんじゃー)のヤキチたちはどこに行ったのか、出掛ける時、姿を見せなかった、きっと、隠れながら付いて来るのだ…

23.名護の夜(最終決定稿)

浮島(那覇)は相変わらずの賑わいだった。 この前に来た時から、一年半足らずしか経っていないのに、以前よりも、家々が大分増えているような気がした。島の外れの砂浜には造船所もできて、大きな船を作っていた。 サイムンタルーの船は島から少し離れた所…