長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2015-04-14から1日間の記事一覧

70.久米村(改訂決定稿)

十一月に冊封使(さっぷーし)は帰って行った。 島添大里(しましいうふざとぅ)では冊封使の影響はあまりなかったはずなのに、冊封使が帰ったら、何だか急に静かになったように感じられた。 サハチが火鉢にあたって丸くなっていると、侍女のナツが来て、お頭が…