長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

2017-08-14から1日間の記事一覧

2-113.親父の悪夢(第二稿)

山南王(さんなんおう)のシタルーは夢を見ていた。 子供の頃、八重瀬(えーじ)グスクの庭で、兄弟が揃って遊んでいる夢だった。その年、上の姉が中山王の若按司(武寧)に嫁いで行った。下の姉はヌルになるための修行を始めた。あの頃、親父(汪英紫)は八重瀬…