長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

2017-12-18から1日間の記事一覧

2-136.小渡ヌル(第二稿)

シタルーが亡くなってから二か月近くが経っていた。 タブチはチヌムイを連れて琉球から去り、八重瀬(えーじ)グスクはタブチの娘婿のマタルーが入って、八重瀬按司を継いだ。具志頭(ぐしちゃん)グスクにも娘婿のイハチが入って、具志頭按司を継いだ。 島尻大…