長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2018-01-22から1日間の記事一覧

2-141.落城(第三稿)

首里(すい)のお祭りから六日後の昼下がり、玻名(はな)グスクに一節切(ひとよぎり)の調べが流れていた。 吹いているのは勿論、サハチである。高い櫓(やぐら)の上から海の方を見ながら吹いていた。 戦(いくさ)を忘れさせる心地よい調べで、グスクを包囲してい…