長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2018-03-05から1日間の記事一覧

2-149.シヌクシヌル(第三稿)

佐敷グスクのお祭りの三日後、ササの弟子たちと安須森(あしむい)若ヌル、マユの一か月の修行が終わった。 ヂャンサンフォンは運玉森(うんたまむい)ヌルと二階堂右馬助(にかいどううまのすけ)を連れて山グスクに移って行った。ヂャンサンフォンのもとで修行を…

2-148.山北王が惚れたヌル(第三稿)

中山王(ちゅうさんおう)が女たちを連れて久高島(くだかじま)参詣をしていた頃、島尻大里(しまじりうふざとぅ)グスクでは山北王(さんほくおう)の代理として本部(むとぅぶ)のテーラーが、山南王(さんなんおう)の他魯毎(たるむい)に戦勝を祝福して、援軍を送っ…