長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2019-09-14から1日間の記事一覧

2-226.見果てぬ夢(第三稿)

ウニタキはヤンバルの按司たちの書状を持って、真喜屋之子(まぎゃーぬしぃ)とキンタ(奥間大親)を連れて首里(すい)に向かった。今後の作戦を思紹(ししょう)と練るために、サハチも一緒に行った。 首里グスクの龍天閣(りゅうてぃんかく)に行くと、思紹と一緒…