読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

59.島添大里按司(最終決定稿)

尚巴志伝 第一部

 念願だった島添大里(しましいうふざとぅ)グスクを手に入れたサハチは、佐敷按司から島添大里按司になった。
 マチルギと一緒に豪勢な屋敷の二階から、高い石垣に囲まれたグスク内を見下ろして、その事を充分に実感していた。
 島添大里グスクを攻め落としてから半月余りが経ち、大変だった引っ越しも無事に済んで、ようやく、腰を落ち着かせる事ができた。
「ここにいるのが夢みたい」とマチルギは広いグスクの庭を見下ろしながら嬉しそうに笑った。
「島添大里グスクに、二階建てのお屋敷があったなんて知らなかったわ。眺めがよくて気持ちいいわね」
 正門の向こうには馬天浜が見えた。途中の山が邪魔していて佐敷グスクまでは見えないが、いい眺めだった。
 馬天浜からいつも見上げていたグスクに、今、自分がいる事が、何だか不思議に思えた。これも皆、父と祖父の苦労のお陰だった。いや、ウニタキやヒューガ、馬天ヌル、サイムンタルー、そして、ファイチ、みんなのお陰だった。
 サハチは父を按司に復帰させようとしたが、まだやる事があると言って、父ははっきりと断った。父にとって、島添大里グスクは、まだ夢の途中に過ぎなかった。
「次は、五年の計じゃ」と父は言った。
浦添(うらしい)ですね」とサハチは言った。
 父はうなづき、「五年もあれば落とせるじゃろう」とサハチを見た。
「充分です」とサハチは答えた。
 島添大里を本拠地にして、一千の兵がいれば、中山王の隙を狙って、浦添グスクは落とせるだろう。
「五年あれば、あと五百の兵が増やせる」と父は意気込んで言った。
「まだ増やすつもりなのですか」
「当然じゃ。浦添はここより強敵じゃぞ。充分な計画を立てて立ち向かわなければ、千五百の兵でも落とせんかもしれん」
 父は二百人の兵を連れて、ヒューガと共にキラマの島に帰って行った。六百人の兵をここに置いても、食糧と住む場所の確保が難しかった。三百の兵をここに残し、佐敷グスクと平田グスクに五十人づつ配置して、残りの兵は島に戻したのだった。代わりに、島から娘たち五十人がやって来て、侍女や女子(いなぐ)サムレー、城女(ぐすくんちゅ)になった。
 サスカサヌルも島添大里ヌルとして迎えるつもりだったが来なかった。本人は来るつもりだったようだが、島の者たちに引き留められて、それを振り切る事はできなかった。共に苦労して村作りをした者たちを見捨てて、島を出る事はできず、あと五年間、頑張ると言ったという。
 サスカサヌルが来ないので、佐敷ヌルを呼ぶ事になった。ただし、サスカサが戻って来るまでの代理なので、島添大里ヌルには就任しないで、佐敷ヌルのまま、東曲輪(あがりくるわ)にある屋敷を使ってもらう事にした。
「こんな広いお屋敷を一人で使うの」と佐敷ヌルは驚いていたが、「すぐに、娘たちのたまり場になるだろう」とサハチが言ったら笑っていた。
 サハチの守り神である『ツキシルの石』も輿(こし)に乗って佐敷グスクから運ばれた。馬天ヌルと佐敷ヌルの指示のもと、サハチたちが暮らす屋敷の隣りに作られた祠(ほこら)の中に安置された。このグスクを奪い取る前に光るだろうと思っていたのだが、『ツキシルの石』は光らなかった。五年前に、佐敷ヌルが見てから光っていない。次はいつ光るのだろうか。光る姿を見てみたかった。
 佐敷グスクには、弟のマサンルーが平田グスクから移って来て入り、佐敷大親(さしきうふや)となった。その下の弟のヤグルーが平田グスクに入って、平田大親を名乗った。マタルー夫婦と母と幼い兄弟たちはそのまま、佐敷グスクの東曲輪にいた。
 美里之子(んざとぅぬしぃ)は武術道場があるので、そのまま佐敷に残って、マサンルーを補佐し、屋比久大親(やびくうふや)は平田に移って、ヤグルーを補佐させた。その他の重臣たちは皆、佐敷から島添大里の城下に移った。兵たちの武術指導のために、島添大里にも武術道場を造る事になり、叔父の苗代大親(なーしるうふや)を武術師範に任命した。
 馬天浜に来ているシンゴには、できれば、毎年来てほしいと頼んだ。今まで以上に、交易を盛んにしなくては、大所帯となった家臣たちを食べさせては行けない。与那原(ゆなばる)の港と馬天浜を有効に使って、密貿易船と取り引きをしなければならなかった。
 島添大里グスクが落城して四日後、すでに噂になっているのか、知念(ちにん)按司が血相を変えてやって来た。サハチは妹の義父として、丁寧に迎えた。
 屋敷の中に入ると回りを見回して、「凄いのう」と知念按司は感心していた。大広間の前に、龍と虎を書いた大きな絵が飾ってあって、訪れた者はそれを見て、まず驚いた。
 屋敷の中を守るのは女子サムレーたちで、袴(はかま)を着けて刀を腰に差し、要所に立って見張っていた。
「ほう、これが噂に聞く、女子サムレーか」
 知念按司は女子サムレーを珍しそうに眺めていた。
「佐敷では娘たちに剣術を教えていると聞いてはいたが、屋敷の警固まで、娘たちにやらせるとは、まったく変わっておるのう」
 サハチは知念按司を一階にある会所(かいしょ)に案内した。
 向かい合って座ると、「そなた、わしらを騙(だま)しておったのか」と鬼のような顔をして詰め寄った。
「噂では佐敷按司は三百の兵で島添大里グスクを囲んで、一晩の内に落としたと言うではないか。その三百の兵とは一体、どういう事なのじゃ」
 サハチは三百の兵と聞いて、ホッとしていた。六百の兵と噂されていたら言い訳に困る所だった。
「三百というのは大げさですよ」とサハチは言った。
「二百といった所でしょうか。平田のグスクで密かに兵を育てていたのです」
「なに、平田グスクで兵を育てたじゃと?」
 サハチはうなづいた。
「百五十の兵を平田に隠していたと申すのか」
「このグスクを奪うために、隠しておいたのです」
 知念按司は急に笑い出した。
「大したものよのう。わしらを騙して、島添大里グスクと大(うふ)グスクを自分のものにしたとはのう」
「大グスクを落とした時は、平田の兵は使ってはいません。今だから話しますが、実は大グスクには抜け穴があったのです」
「抜け穴じゃと?」
「山南王になった豊見(とぅゆみ)グスク按司が大グスクにいた時に、抜け穴を作ったようです」
「そなたがどうして、そんな事を知っているんじゃ」
今帰仁合戦のあと、山南王はたったの一日で、大グスクを攻め落としています。どうやって攻め落としたのかを考えて、抜け穴があるのではないかと探してみたのです。なかなか見つかりませんでしたか、何とか探し出して、そこから潜入して落とす事ができたのです。その抜け穴も、もう塞ぎましたし、大グスクは大グスクの若按司に返すつもりです」
「大グスクの若按司?」
「ずっと隠れて、生き延びていたのです」
「若按司が生きていたのか」
「母親と一緒に生きています。それと、若按司の姉の大グスクヌルも生きています」
「それは本当なのか」と知念按司は目を丸くして、サハチを見ていた。
 サハチがうなづくと、知念按司は、「生きておったのか」と急に泣き顔になった。
「若按司と大グスクヌルはわしの甥と姪じゃ。その母親は垣花(かきぬはな)按司の姉じゃ。垣花按司もさぞや喜ぶ事じゃろう」
 知念按司は涙を拭って、サハチを見ると、「大グスクは若按司に返すと言ったが、それも本当なのか」と聞いた。
「はい。お返しします」
「そうか‥‥‥」と知念按司はうなづくと、「よくやってくれた」と怖い顔のまま、目を潤ませながら言った。
 知念按司はその後、屋敷の中を一回り見て、機嫌を直して帰って行った。
 亡くなった山南王(汪英紫(おーえーじ))が建てた屋敷はうまい具合にできていた。一階に大広間とお客と会う会所、重臣たちが詰めている部屋があり、二階は按司の家族が暮らす部屋になっていた。一階も二階も広い廊下に囲まれていて、廊下の所々に、明国から持って来たと思われる飾り物が置いてある。大きな壺や、水墨画や、達筆すぎて読む事のできない書などが飾ってあった。サハチにはその価値はわからないが、山南王は明国の文化にも興味があったようだった。
 高い石垣に囲まれたグスクの中は、石垣によって、四つに区画されていた。屋敷が建っている所が一の曲輪で、他の曲輪よりも一段高くなっている。サハチたちの住む屋敷の東側に、広い台所を備えた屋敷があり、井戸もあり、侍女たちの屋敷もあった。屋敷の西側には岩山があって、その中にウタキがあり、『ツキシルの石』を安置した祠もそこにあった。
 一の曲輪の正面が二の曲輪で、広い庭になっている。この前、六百人の兵が並んだが、まだ余裕があって、楽に一千人は入れるだろう。
 二の曲輪の東側に東曲輪があり、ここもかなり広い。ここにも一千人は入れそうだった。その北側に、佐敷ヌルが入る屋敷があった。引っ越しは終わったようだが、まだ、佐敷ヌルはその屋敷に入ってはいなかった。佐敷ヌルの屋敷の東側の石垣の近くには物見櫓(ものみやぐら)があった。三丈(じょう)(約九メートル)近くもある物見櫓は、その上に登ると四方が見渡せ、素晴らしい眺めだった。
 二の曲輪の西側にある西曲輪(いりくるわ)もかなり広いのだが、一の曲輪から続いている岩山がせり出しているので、平地は半分程だった。そこには兵糧蔵や武器庫があり、サムレーたちの屋敷と厩(うまや)があった。
 知念按司が来た翌日、大グスクの若按司と大グスクヌルのマナビーが母親と一緒にやって来た。若按司の顔を見て、昔の記憶がよみがえってきた。幼い頃、一緒に遊んだ時の事が鮮明に思い出された。三人は泣きながらお礼を言って、帰って行った。若按司を見送りながら、嫁さんを探さなくてはならないなとサハチは思った。
 引っ越しが終わった翌日、馬天ヌルと佐敷ヌルが揃ってやって来た。嫌な予感がした。
「最初が肝心よ」と馬天ヌルが言って、家臣たち全員が集められ、二の曲輪の庭において就任の儀式が執り行なわれた。三百人の家臣たちの見守る中、正装したサハチは正式に島添大里按司に就任し、全員が同時に酒を飲んで団結を誓った。
 その日の夕方、東曲輪の庭で娘たちの剣術の稽古も始まった。キラマの島から来た娘たちも加わり、総勢五十人余りが稽古に励んだ。佐敷に残っている娘たちは以前の如く、佐敷グスクの東曲輪で馬天ヌルが指導し、平田グスクでもウミチルの指導で始める事になった。
 サハチが屋敷の二階から娘たちの稽古を見ていたら、ウニタキがやって来た。相変わらず、坊主頭に鉢巻を巻いて、猟師の格好だった。ウニタキはサハチの隣りに立つと外を眺め、「いい眺めだ」と言った。
「勝連(かちりん)にいた頃を思い出す。あそこで生まれた俺は、眺めのいいグスクに住んでいて、それが当然の事だと思っていた」
 そう言うとウニタキは苦笑した。
「五年後には戻れるさ」とサハチは言った。
「五年後は浦添だろう」
浦添と勝連は一緒だ。浦添を落としても、勝連が敵対していたら、明との交易がうまく行かないからな。同時に倒すつもりだよ。同時が無理でも、間を置かずに攻め落とす」
「中グスクと越来(ぐいく)も同時にやるという事だな」
「そういう事になるな」
「随分と大それた作戦だな。浦添、中グスク、越来に勝連か。いや、江洲(いーし)グスクもある」
「そのくらいの事をしないと、親父が島から出て来ないからな」
「あそこが気に入ったのだろう。いい所だからな」
「五年経ったら、俺は三十六になる。いつまでもじっとしてはいられない。浦添を落としたら、親父に中山王になってもらって、今度は俺が外に出る」
「島に行くのか」と言って、ウニタキは笑った。
「島にも行くが、ヤマトゥ、朝鮮(チョソン)、明、南蛮とあらゆる所に行って来る。今度は俺が旅をする番だ」
「お前の血筋は旅が好きだな」
「年に一度のささやかな旅で我慢しているんだ。早く、気ままな旅がしたいよ」
 サハチはウニタキを部屋の中に誘うと、「周りの状況はどんな具合だ」と聞いた。
「誰もが驚いている。佐敷按司が島添大里グスクを落としたなんて信じられないとな」
「山南王になったシタルーは攻めて来そうか」
「向こうも引っ越しで大忙しだからな。今の所はそんな気配はない。島尻大里(しまじりうふざとぅ)グスクが手に入ったのだから、島添大里グスクには未練はないだろう。弟の敵(かたき)を討つために攻めて来る事もあるまい」
 敵と聞いてサハチは改めて、シタルーの弟のヤフスを殺した事を実感していた。実際に手を下したわけではないが、世間ではサハチがヤフスを殺して、島添大里グスクを奪い取った事になっている。ウニタキが言うように、シタルーが攻めて来る事はないと思うが油断は禁物だった。
「シタルーを裏切った重臣たちはどうなったんだ」とサハチは聞いた。
「全員、許されたようだ。全員、斬ってしまったら、あのグスクは機能しなくなるからな。ただ、奥間大親(うくまうふや)だけは八重瀬(えーじ)に行ったようだ」
「どうしてだ?」
「シタルーとは気が合わんようだな。それに、シタルーは奥間の者よりも、石屋を信頼しているようだ」
「石屋というと、石を切ったりして石垣を作ったりする者たちか」
「そうだ。豊見グスクを築いた時に、腕のいい石屋と知り合ったようだ。石屋というのも各地のグスクにいて、情報を共有しているらしい。シタルーは石屋を使って情報を集めているようだ」
「そうか。石屋というのは奥間とはつながってはいないんだな」
「奥間はヤマトゥ系で、石屋は高麗(こーれー)系だな。高麗から来た技術者集団だ」
「成程。そんな集団があったのか」
「このグスクの石垣も、多分、そいつらが作ったものだろう」
「奥間大親が八重瀬に行ったとなると、浦添にいる侍女はタブチの指示で動くという事になるな」
「侍女というのは、八重瀬グスクを落とした時の絶世の美女の事か」
「そうだ。今回、タブチが負けたのは中山王が介入したためだ。その事を恨んで、何かをたくらむかもしれんぞ」
「その美女を使って、中山王を暗殺するのか」
「それも考えられる」
「美女といっても、もういい年だろう」
「しかし、浦添グスクに入って、随分と年が経っている。かなり信頼されているのかもしれん。信頼されていれば、近づく事もでき、殺す事もできるだろう」
「そこまではするまい。中山王を殺しても、山南王にはなれんからな」
「タブチは今、どうしているんだ」
「やけ酒でも食らっているかと思ったんだが、違った。城下の者たちと一緒になって、焼けた城下の再建を頑張っていたよ。確かに、山南王になる事は諦めてはいない。次の策を練っているようだった」
「次の策か‥‥‥俺の事はどう思っているんだ」
「娘を嫁にやってよかったと思っているようだな」
「という事は、俺の事を味方だと思っているのだな」
「シタルーを倒すには必要だと思っているのだろう」
「そうか‥‥‥こっちとしても、タブチは必要だな。浦添を攻める時に、シタルーの足止めをしてもらわなければならない」
「また、二人を争わせて、その隙を狙うのか」
「中山王と山南王を共に敵に回したら挟み撃ちにされるからな」
「中山王はお前の事を知らなかったらしいぞ。佐敷按司とは何者じゃと家臣たちに調べさせているようだ」
「そうか‥‥‥怪しまれんように馬鹿になっていなくてはならんな」
「このグスクを奪い取ったので、浮かれて、毎晩、宴(うたげ)を催せばいい」
「宴か‥‥‥そういえば、まだ戦勝祝いをしていなかったな」
「佐敷の者たちも呼んで、派手にやった方がいい」
「そうだな、派手にやって馬鹿さ加減をさらけ出すか。大勢、呼ぶとなると、それなりの準備がいる。炊き出しもしなくてはならんしな。その事はあとで重臣たちと相談しよう。さっきの続きだが、中山王は奥間の者を使っているのか」
「亡くなった先代の長老の弟が、察度のために働いていた奥間大親だ」
「長老の弟が奥間大親だったのか。それで、察度とのつながりが強かったんだな」
「その奥間大親は二十年前に亡くなり、跡を継いだ倅もその三年後に亡くなってしまい、孫が跡を継いだんだ。跡を継いだ時、まだ十六歳で、父親が急死したため、奥間とのつながりはないようだ。初代が奥間から連れて来た者たちが、浦添の近くの奥間という村に住んでいて、そいつらを使っているようだな。そいつらも代が代わって職人ではなく、奥間大親の私兵といった感じだ」
「その私兵を使って情報を集めているのか」
「『望月党』ほどでもないが、似たようなものだろう」
「成程な。浦添を倒すには、そいつらも倒さなくてはならんな」
「そいつらは俺たちで片付ける」
「頼むぞ‥‥‥東方(あがりかた)の按司たちの様子はどうなんだ」
「糸数(いちかじ)按司はお前を恨んでいるようだな。ここが欲しかったようだ。懲りずに攻めて来るかもしれんが、他の三人はお前を認めたようだ。玉グスクと知念の若按司は、お前の義弟だからな、兄貴が凄い事をやったと喜んでいる。垣花按司は死んだと思っていた姉と若按司が生きていて、大グスクに復帰した事を感謝している」
「糸数だけでは攻めて来ないだろう」
「多分な。話は変わるが、俺も引っ越す事に決めたよ」
「ここに来るか」
「いや、運玉森(うんたまむい)に屋敷を建てて、そこを本拠地にする。そこの方が浦添に近いからな」
「あそこは浦添攻めの拠点になる。今のうちに確保しておいた方がいい」
「ああ、そういう事だ。いよいよ、望月党が出て来そうだな」
浦添にいるのか」
「勝連の者が出入りしているからな。浦添にも奴らの拠点はあるはずだ」
「そうか。充分に気を付けろよ」
「わかっている」とウニタキは神妙な顔でうなづいた。
 ウニタキの妻と娘が望月党に殺されて、もうすぐ十年になる。ウニタキは早く敵を討ちたいと思っているのだろうが危険すぎた。その事はウニタキも充分に心得ていて、勝連には近づいていないという。五年後に勝連を倒す時には望月党も倒さなくてはならない。かなりの犠牲が出るだろうがやらなければならなかった。
「ところで、ファイチはこっちに移ったのか」とウニタキは聞いた。
「向こうでもいいと言ったんだが、広い屋敷に移ってもらった。亡くなった山南王には、かなり重臣がいたとみえて、重臣たちの屋敷がまだいくつも空いているんだ。お前も、表の顔を持って重臣にならないか。望月党と戦うとなると、家族も危険な目に遭うぞ。山の中の屋敷にいるより、城下に住まわせた方がいいんじゃないのか」
「そうだな。考えておくよ」
「屋敷は取っておく。三星大親(みちぶしうふや)の名前でな」
三星大親か」と言ってウニタキは笑った。
「それもいいかもしれん。年中、留守にしている重臣の仕事は何だ」
「そうだな。領内の地図を作る仕事だ」
「成程。それなら、みんなも納得しそうだな。二度と家族を失いたくはない。かみさんを説得して移ってもらう事にするよ」
 サハチは喜んで、うなづいた。
「城下の者たちで残っている者はいるのか」とウニタキは聞いた。
「ほとんどが出て行ったよ。残っているのは奥間の者たちだけだ。鍛冶屋(かんじゃー)に研ぎ師に木地屋(きじや)だな」
「そうか。奥間の者たちか」
「そう言えば、『よろずや』の者たちはどこに行ったんだ。戻って来ていないようだが」
 ウニタキは笑って、「逃げたのさ」と言った。
「どこに?」
浦添だ」
浦添に逃げた?」
「奴らはヤフスと親しく取り引きをしていた。殺されるのが当然だ。だから浦添に逃げて、向こうで『よろずや』を再開したんだよ」
「もう浦添に店を出したのか」
「ここから逃げて来たと言えば怪しまれんだろう」
「成程。二か月間もここに閉じ込められていて、休む間もなく、新しい任務に就いているとは、何か褒美(ほうび)でも出さんとならんな」
「お前から褒美をもらえば励みになる。そうしてやってくれ」
「褒美で思い出したが、トゥミとカマはどうしているんだ」
「佐敷のカマの家で一緒に暮らしているよ。赤ん坊がいるから、当分の間はトゥミには休んでもらう」
「そうか‥‥‥トゥミはヤフスを恨んでいたのかな」
「優しくしてくれたと言っていた」
「それなのに、殺したのか」
「どうせ殺されるのなら、自分の手で殺してやりたかったと‥‥‥かなり、辛そうだよ。何も知らない赤ん坊がまた可愛いから、余計に辛いだろう」
「二人で何の話だ」と誰かが言った。
 振り向くとファイチがいた。相変わらず、道士の格好だった。
「褒美の話だ。ファイチにも褒美をあげなければならんな」とサハチは言って、手招きした。
 ファイチは部屋に入ってきて座ると、「褒美をくれるなら、ヤマトゥの刀が欲しい」と言った。
「ファイチは刀が欲しいのか」
 ファイチは嬉しそうな顔をしてうなづいた。
「よし、わかった。ファイチにふさわしい名刀を見つけ出してやる」
「トゥミもヤマトゥの刀が欲しいって前に言っていたぞ」とウニタキが言った。
「そうか。それじゃあ、『よろずや』の者たちにも刀を褒美にするか」
「俺も忘れるなよ」とウニタキが横目で見た。
「お前もいたか」とサハチは笑った。
 マチルギが佐敷ヌルと一緒に帰って来た。
「三人で何を楽しそうに話しているの」とマチルギは笑いながら部屋を覗いた。
「面白い組み合わせね」と佐敷ヌルは三人を見て、「でも、何だか、古くからの友達みたいね」と笑った。
「前世からの付き合いさ」と言って、サハチは楽しそうに笑った。