読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

中山王、武寧の略歴

1356年 浦添グスクで生まれる。童名はフニムイ(船思)。1歳
    父親は浦添按司の察度、母親は側室の高麗人。
1363年 7歳の弟が米須按司を継ぐ事になり、南部の米須グスクに行く。8歳
1367年 剣術の修行を始める。12歳
1368年 弓矢の修行を始める。15歳
    中国で、元が滅び、明が建国される。
1371年 八重瀬按司の娘,ウシを嫁に迎える。16歳
    ナーサが侍女として付いてくる。
    武寧、ウシの侍女、ナーサの美しさに心を奪われる。
1372年 明から琉球に使者が来る。17歳
    父の察度、明に朝貢①し、中山王となる。
    叔父の泰期が使者として、明に行く。
1373年 長女、ウニョン生まれる。本当の母親はナーサ。18歳
1374年 明に進貢②。19歳
1375年 長男、カニムイ(金思)生まれる。20歳
1376年 明に進貢③。21歳
    明に進貢④。
1378年 明に進貢⑤。23歳
    察度の五女、八重瀬按司汪英紫)の次男、シタルー(汪応祖)に嫁ぐ。
    次男、生まれる。
    重臣の娘を側室に迎える。
1379年 次女、生まれる。母は側室。24歳
    越来按司が亡くなり、察度の三男が越来按司になる。
1380年 明に進貢⑥。25歳
    義父の八重瀬按司汪英紫)が、島添大里按司になる。
    島尻大里按司承察度)、初めて明に進貢①し、山南王となる。
1381年 三男、生まれる。26歳
     明に進貢⑦。
1382年 中山進貢⑧、山南進貢②。27歳
    今帰仁按司(帕尼芝)も初めて進貢①し、山北王となる。
    叔父の泰期が明の使者を引退して、久米村の亜蘭匏が使者となる。
    泰期は小禄按司を長男に譲って宇座按司となり、読谷山で馬の飼育に専念する。
1383年 中山⑨、山南③、山北進貢②。28歳
1384年 中山進貢⑩。 29歳
    三女、生まれる。
    中山進貢⑪。山南④、山北進貢③。
1385年 義父の島添大里按司汪英紫)が大グスクを攻め落とす。30歳
    義弟のシタルー(汪応祖)が大グスク按司になる。
    中山と山南、念願の船を1隻づつ賜わって帰国する。
    自前の船で中山進貢⑫。
1386年 自前の船で中山進貢⑬、自前の船で山南⑤。31歳
1387年 四女、生まれる。32歳
    中山⑭と山北④進貢。山南⑥進貢。
    島添大里按司汪英紫)が使者として明に行き、山南王叔として進貢①する。
    勝連按司が亡くなり、若按司が跡を継ぐ。
1388年 長女のウニョン、勝連按司の三男、ウニタキに嫁ぐ。33歳
    中山⑮と山北⑤進貢。
1389年 中山、シャムと通交(シャムから使者が来る)。34歳
    武寧、高麗に使者を遣わし、倭寇に捕らえられた高麗人を送り返す。
    察度の四男(26)、瀬長按司になる。
    中山⑯と山北⑥進貢。
    高麗の使者、金允厚、琉球に来て、絶世の美女を武寧に献上する。
1390年 高麗の使者、披慮人37人を連れて帰る。35歳
    中山⑰進貢。
1391年 今帰仁勝戦。総大将として出陣する。36歳
    山北王帕尼芝、死す。珉、山北王になる。
    明から船1隻を賜わる。
     島添大里按司汪英紫)が山南王の船を借りて、山南王叔として進貢②。
1392年 中山進貢⑱。初めて官生(留学生)を明国に送る。37歳
    察度、浦添按司を武寧に譲り、首里天閣に移る。
    奥間から美女を贈られる。
    倭寇による被慮人(男女8人)を朝鮮に送還する。
    ウニタキ夫婦、山賊に襲撃されて死亡。
    中山⑲進貢。
    中山⑳進貢、山南⑦進貢。
    豊見グスク按司のシタルー、官生として明国に行く。
    高麗人が逃げて来る。その中に高貴な娘がいて側室に迎える。
    長男のカニムイに、勝連按司の妹が嫁ぐ。
1393年 中山㉑進貢。38歳
    山南王叔、汪英紫、山南王から船を借りて進貢③。
    承察度(50)、死す。若按司が山南王と島尻大里按司を継ぐ。
    中山㉒と山南⑧進貢。
    中山王(察度)と山北王(珉)が同盟する。
    高麗国が滅び、朝鮮国かできる。
1394年 次女が今帰仁の若按司に嫁ぎ、珉の娘が武寧の次男に嫁ぐ。39歳
    浦添の婚礼の後、宴の最中に山南王が武寧の側室、高麗美人を盗み出す。
    婚礼が済んだ後、山南王を攻める準備を始める。
    四男、生まれる。
    中山と山南の合同進貢船が帰国。武寧は山南の荷物を預かり、渡さない。
    山南王を攻める。
    義父の島添大里按司汪英紫)が島尻大里グスクを攻め落とし、山南王になる。
    高麗に使者を遣わし、倭寇に捕らえられた高麗人を送り返す。
    中山㉓と山北珉①進貢。山南汪英紫④進貢。
    朝鮮から使者が帰る。大量の高麗瓦を運んでくる。
    高麗から朝鮮に変わったので、朝鮮は高麗瓦を大量処分した。
1395年 中山㉔進貢。40歳
    山北王、珉(41)、死す。若按司攀安知が跡を継ぐ。
    豊見グスク按司のシタルー、明から帰国する。
    察度(75)死す。中山王になる。
    中山㉕と山北攀安知①進貢。
    父が亡くなった開放感から、宴を催して騒ぐ事が多くなる。
1396年 中山㉖と山南⑨進貢。山南王叔汪英紫④進貢。41歳
    武寧は進貢の事を久米村の実力者、亜蘭匏にすべてを任せる。
    亜蘭匏は察度の死を明国に報告せず、中山王察度のまま、進貢を続ける。
    義弟のシタルー、国場川で「ハーリー」を始める。
    中秋の宴を盛大に催す。叔父の泰期にいさめられる。
    中山王世子武寧①と山北攀安知②進貢。
    中山㉗と山北攀安知③進貢。山南王叔汪英紫⑤進貢。
1397年 武寧の三男と玉グスクの娘の婚礼。42歳
    琉球中の按司が全員、出席する。叔父の泰期は出席しない。
    朝鮮に捕虜を送る。
    中山㉘と山北攀安知④進貢。
1398年 中山㉙進貢。43歳
    中山㉚進貢。
    叔父の泰期(77)、死す。
    中山と山北、船を1隻づつ賜わって帰る。
    中山㉛進貢。
    明国で、洪武帝、死す。
    台風で首里天閣、倒壊する。
    中山進貢。山南汪英紫進貢。
    戦乱のため、応天府に行けずに泉州で取り引きをして戻る。
1399年 明国に内乱が起こり、進貢はできなくなるが、明から続々、密貿易船が来る。
    朝鮮に使者を送る。
     朝鮮から帰国した使者から、朝鮮に亡命した前山南王の死を聞く。
1401年 首里天閣を片付け整地をする。46歳
    父親を超えるため、父の願いだった首里に遷都をしようと決心する。
    義父の山南王、汪英紫、死す。
    八重瀬按司(達勃期)と豊見グスク按司(シタルー)の家督争いが始まる。
1402年 義弟のシタルー、山南王になり、汪応祖と名乗る。47歳
    佐敷按司尚巴志)が島添大里グスクを攻め落として、島添大里按司になる。
    佐敷按司とは何者だと調べさせる。
    島添大里按司、戦勝祝いを盛大に催す。
    四女が、勝連按司の長男に嫁ぐ。
    山南王(汪応祖)が島添大里按司尚巴志)と同盟を結ぶ。
    山南王(汪応祖)から美女を側室として贈られる。
    明国で、永楽帝が即位する。
    密貿易船が慌てて帰って行く。
    阿波根にグスクを築いて、次男を兼グスク按司にする。
    中山㉜進貢。
    中山㉝と山南王世子汪応祖①進貢。
    山北攀安知⑤進貢。
1403年 朝鮮に使者を送る。48歳
    浮島にある明の使者たちの宿舎を修繕する。
    義弟の山南王と相談しながら、首里に宮殿を造り始める。
    上間按司に兵を貸して、糸数グスクを奪い取らせる。
    明から返礼の使者が来る。来年、冊封使が来る事を伝える。
    工事中の首里の宮殿で冊封の儀式をする事に決める。
    明からの使者、帰る。
    中山世子武寧②進貢。
1404年 山北攀安知⑥進貢。49歳
    武寧が朝鮮に送った船が武蔵国六浦に漂着する。
    中山王世子武寧③進貢。山南王世子汪応祖②進貢。
    冊封のための首里の宮殿が一応、完成する。
    明から冊封使が初めて来る。
    糸数按司になった上間按司と八重瀬按司(達勃期)が同盟する。
    山南王、毎年恒例のハーリーに、冊封使たちを招待する。
    首里の宮殿で冊封を受け、正式に中山王となる。
    汪応祖首里首里の宮殿で冊封を受け、正式に山南王となる。
    首里の宮殿を増築して、首里グスクにするための工事が再開される。
    北谷按司が亡くなり、若按司が跡を継ぐ。
    中山武寧④と山南汪応祖③進貢。
    冊封使、帰国する。
    シャム船が来琉、浮島で交易を行なう。
1405年 中山武寧⑤進貢。50歳
    中山武寧⑥進貢。山南汪応祖④進貢。山北攀安知⑦進貢。
    山南王と中グスク按司が同盟する。
    中グスク按司、暗殺され、若按司が跡を継ぐ。
    弟の越来按司が亡くなり、若按司が跡を継ぐ。
    勝連按司と若按司、奇病に罹って亡くなる。弟の江洲按司が跡を継ぐ。
    代わったばかりの勝連按司と若按司が奇病で亡くなる。弟が跡を継ぐ。
    大きな台風が来て、首里グスクの石垣が崩壊する。
    手抜き工事に腹を立て、関係者を去勢して、明の皇帝に宦官として贈る。
    中山武寧⑦進貢。山南汪応祖⑤進貢。山北攀安知⑧進貢。
1406年 中山武寧⑧と山南汪応祖⑥進貢。51歳
    中山王と八重瀬按司(達勃期)が同盟する。
    首里グスクが完成する。
    出陣は若按司に任せ、側室を連れて首里グスクに移る。
    首里グスクにて、山南王の刺客に殺される。
    首里グスクは島添大里按司尚巴志)に奪われる。