読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

汪英紫の略歴

主要登場人物

1338年 島尻大里按司の次男に生まれる。1歳
1349年 察度、浦添グスクを攻め落とし、浦添按司になる。12歳
1357年 与座按司になる。20歳
    長女、ウシ、生まれる。
1360年 長男、タブチ(達勃期)生まれる。23歳
1362年 次男、シタルー(汪応祖)生まれる。25歳
1364年 三男、ヤフス(屋冨祖)生まれる。27歳
1368年 次女、ウミカナ、生まれる。31歳
    中国で、元が滅び、明が建国される。
1369年 八重瀬按司を倒して八重瀬グスクを奪い取り、八重瀬按司となる。32歳
1371年 長女のウシ、浦添按司(察度)の若按司(武寧)に嫁ぐ。34歳
    美女のナーサをウシの侍女として、浦添グスクに送り込む。
1372年 浦添按司の察度、明国に進貢を始め、琉球中山王となる。35歳
1373年 ナーサ、武寧の長女、ウニョンを産み、ウシの娘として育てられる。
1376年 長男のタブチ、玻那グスク按司の娘を嫁にもらう。39歳
1377年 東に進出するために新グスクを築く。40歳
1378年 次男のシタルー、中山王の察度の娘(16)を嫁にもらう。41歳
1379年 具志頭グスクに三男を婿に送る。42歳
1380年 島添大里グスクを攻め取り、島添大里按司になる。43歳
    島添大里グスクを大規模に改築する。
    馬天浜のサミガー大主の息子が佐敷にグスクを築いて、佐敷按司となる。
    甥の島尻大里按司承察度)、明に進貢して、琉球山南王となる。
1383年 馬天浜に来た早田氏と交易する。46歳
    次女のウミカナを大グスク按司の側室に送り込む。
    甥の山南王、明に進貢する。
1385年 大グスクを攻め取る。次男のシタルーを大グスク按司にする。48歳
    大グスク按司の側室だったウミカナは助けられ、大グスクヌルとなる。
    甥の山南王が明に進貢する。
1386年 糸満に甥の山南王が明から賜った船を見に行く。49歳
1387年 南山王の使者として明に渡る。山南王叔として初めて進貢①。50歳
1388年 明から帰る。51歳
1389年 シタルーに漫湖を望む岡の上にグスクを築かせ、豊見グスクと名付ける。
    シタルーは豊見グスク按司となり、ヤフスが大グスク按司になる。
1390年 島添大里グスクに二階建ての屋敷を建てる。53歳
1391年 今帰仁合戦で、水軍の大将として活躍する。54歳
    山南王の船を借りて、山南王叔として明に進貢②する。
1392年 佐敷按司が突然、隠居したと聞き、怪しんで調べさせる。55歳
    中山王察度、浦添按司を武寧に譲り、首里の隠居屋敷「首里天閣」に移る。
    勝連按司の三男(ウニタキ)が望月党に殺される。
    シタルーが従弟の三五郎と一緒に明に留学する。
1393年 山南王の船を借りて、山南王叔として明に進貢③する。56歳
    山南王(承察度)、死す。若按司が跡を継いで山南王となる。
    高麗国が滅び、朝鮮国かできる。
1394年 島尻大里グスクを攻め取り、山南王になる。57歳
    山南王は高麗人の側室を連れて、倭寇の船で朝鮮に逃げる。
    島添大里グスクにはヤフスが入り、島添大里按司になる。
    山南王叔として明に進貢④する。
1395年  シタルーと三五郎、明から帰国する。
    察度(75)、死す。娘婿の武寧が跡を継いで中山王になる。58歳
1396年 山南王叔として明に進貢⑤する。59歳
    シタルー、国場川で「ハーリー」を始める。
    山南王叔として明に進貢⑥する。
1398年 島尻大里グスクの屋敷を改築する。61歳
    明国の洪武帝が亡くなり、家督争いが始まる。
1399年 明国から密貿易船が来るようになる。62歳
1401年 シタルーが跡を継ぐ事を願って死す。64歳
1402年 家督争いの末、次男のシタルー(汪応祖)が山南王となる。