長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2015-03-04から1日間の記事一覧

27.豊見グスク(改訂決定稿)

サハチとマチルギの婚礼の次の日の朝、大(うふ)グスク按司のシタルーがお祝いを言いに、佐敷グスクの東曲輪(あがりくるわ)にやって来た。 シタルーは相変わらず佐敷按司を敵と見る事なく、隣りの家に遊びに来たような気楽な顔をしてやって来た。従者は二人連…

26.高麗の対馬奇襲(改訂決定稿)

サハチとマチルギの婚礼が行なわれていた頃、ヤマトゥの対馬では、とんでもない事が起こっていた。 琉球に帰ったサハチがマチルギとの再会を喜んでいた頃、高麗(こうらい)に来た明国(みんこく)の使者が、元(げん)の時代の旧領を返還するようにと言って来た。…