長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2015-11-30から1日間の記事一覧

2-15.応天府の夢に酔う(第三稿)

ファイチは再会した友、ヂュヤンジン(朱洋敬)と一晩中、話し込んでいた。お陰で、サハチとウニタキも妓楼『桃香楼(タオシャンロウ)』に泊まる事になった。 泊まったといっても、妓女(ジーニュ)と夜を共にしたわけではない。富楽院(フーレユェン)の妓楼で、…