長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2016-05-30から1日間の記事一覧

2-46.博多の呑碧楼(第三稿)

サハチたちを乗せた交易船(進貢船)は浮島から順風を受けて一気に伊平屋島(いひゃじま)に向かった。伊平屋島で、馬天浜から来たシンゴとマグサの船と合流して、シンゴとマグサの船のあとを追って北上した。天候に恵まれて、最高の旅立ちとなった。 山北王(…