長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2016-09-12から1日間の記事一覧

2-61.英祖の宝刀(第三稿)

サハチたちが朝鮮(チョソン)に船出した日から七日後の五月四日、豊見(とぅゆみ)グスクで毎年恒例のハーリーが行なわれた。思紹(ししょう)は王妃を連れて出掛けて行った。従ったのは馬天(ばてぃん)ヌルと五人の女子(いなぐ)サムレー、護衛の兵が十人だった。…