長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2016-10-31から1日間の記事一覧

2-70.二人の官生(第三稿)

六月八日、思っていたよりもずっと早く、正月に出帆した進貢船(しんくんしん)が帰って来た。 正使の中グスク大親(うふや)の話によると、永楽帝(えいらくてい)はまだ順天府(じゅんてんふ)(北京)にいるが、わざわざ来なくてもいいとの事で、応天府(おうてん…