長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2017-07-10から1日間の記事一覧

2-108.舜天(第三稿)

奥間(うくま)ヌルが首里(すい)に来た。 サハチは驚いて、焦った。一昨年(おととし)の冬、ウニタキと一緒に伊平屋島(いひゃじま)に行く途中、奥間に寄って会った時、奥間ヌルは、いつか首里に行きたいと言っていた。しかし、娘のミワがまだ幼いので、五年後く…