長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2018-04-23から1日間の記事一覧

2-156.南の島を探しに(第三稿)

十五夜の宴(うたげ)の翌日、台風が来た。それほど大きな台風ではなかったが海は荒れて、大里(うふざとぅ)ヌルとフカマヌルは久高島(くだかじま)に帰れなかった。 大里ヌルは二階堂右馬助(にかいどううまのすけ)と一緒にどこかに行ってしまい、三日後に島添大…