長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2019-03-18から1日間の記事一覧

2-200.瀬織津姫(第三稿)

精進湖(しょうじこ)のほとりで焚き火を囲んで、ササたちは瀬織津姫(せおりつひめ)様に出会えた感謝の気持ちを込めて酒盛りを始めた。 酒盛りの前に、ササは富士山の大噴火で犠牲になった人たち、森の中で暮らしていた生き物たちのために鎮魂の曲を吹いた。 …