長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2019-05-27から1日間の記事一覧

2-204.重陽の宴(第三稿)

ササたちが生駒山(いこまやま)で菊酒を飲みながら重陽(ちょうよう)の節句を祝っていた頃、琉球の首里(すい)グスクでは冊封使(さっぷーし)たちを呼んで、重陽の宴(うたげ)が行なわれていた。 重陽とは陽の数字(奇数)が重なる事で、縁起のいい陽数(ようすう)…