長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2019-06-24から1日間の記事一覧

2-208.国頭御殿(第三稿)

山北王(さんほくおう)と会って、今帰仁(なきじん)の城下を見物したあと、リーポー姫たちは山北王が用意した船に乗って国頭(くんじゃん)グスクに行った。案内してくれたのは山北王の側室のクンだった。 クンは二人の子供を産んだが、長女のマサキも長男のミン…