長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2021-09-10から1日間の記事一覧

3-01.沖の郡島(第一稿)

永楽(えいらく)十四年(一四一六年)の四月十一日、総大将を務めるサハチ(尚巴志)が率いた中山(ちゅうざん)軍が、今帰仁(なきじん)グスクを攻め落として山北王(さんほくおう)を滅ぼした。 山北王の攀安知(はんあんち)は霊石を斬ったバチが当たって雷に打た…