長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

目次 第三部

尚巴志伝 第三部

f:id:suwiun:20150517202854j:plain
このイラストはは和々様よりお借りしました。



  1. 沖の郡島(第一稿)  サスカサたちが沖の郡島(古宇利島)に行く。
  2. 凱旋(第一稿)  尚巴志が中山軍を率いて首里に凱旋する。
  3. 逃避行(第一稿)  湧川大主が与論島、永良部島、徳之島、奄美大島に行く。
  4. 今帰仁再建(第一稿)  マチルギたちが今帰仁城下の再建を始める。
  5. 伊江島と瀬底島(第一稿)  サスカサたちが伊江島と瀬底島に行く。
  6. 与論島平定(第一稿)  サグルーたちが与論島を中山王の支配下に置く。
  7. 永良部島騒動(第一稿)  サスカサたちがイラフ姫から永良部島の事を聞く。
  8. 永良部ヌルと鳥島(第一稿)  サスカサたちが神様から鳥島の話を聞く。
  9. 海の『まるずや』(第一稿)   志慶真ヌルがマレビト神と再会する。
  10. トゥクカーミー(第一稿)  サスカサたちが神様から徳之島の歴史を聞く。
  11. アメキウディーの饗宴(第一稿)  サスカサたち、天城山頂で神様たちと酒盛り。
  12. ササの娘、ヤエの誕生(第一稿)  首里で生まれたヤエが神様たちに祝福される。
  13. 湯湾岳のマキビタルー(第一稿)  サスカサたち、奄美大島に行き湯湾岳に登る。
  14. 赤木名(第一稿)  サスカサたち、ハッキナ姫から奄美の歴史を聞く。
  15. アマンウディー(第一稿)  サスカサたち、カサンウディーに登る。