長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

年表

『尚巴志伝 第二部』の年表

1406年 2月 サハチ(尚巴志)、武寧を殺して首里グスクを奪い取る。 サハチ、浦添グスクを焼き討ちにする。 サハチ、中山軍を倒し、中山王の若按司を討ち取る。 サハチ、中グスク、越来グスクを攻め落とす。 サハチ、勝連グスクを攻めようとするが、ウニタ…

『尚巴志伝 第一部』の年表

1124年 日本国の奥州平泉に中尊寺金色堂が建立される。 螺鈿細工のため大量のヤコウガイが琉球弧から運ばれる。 1156年 源為朝、伊豆大島に流刑となる。 1166年 舜天、生まれる。伝説では舜天の父親は源為朝、母親は島添大里按司の妹。 1185年 日本国で、壇…

倭寇年表

1274年 10月5日 元寇、対馬を襲撃。 10月14日 元寇、壱岐を襲撃。 10月16日 元寇、松浦を襲撃。 10月20日 元寇、博多を襲撃。 10月21日 元寇、撤退する。1281年 5月21日 元寇、対馬を襲撃して占領。 5月26日 元寇、壱岐を襲撃して占領。 6月6日 元寇、志賀島…