長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

3-13.湯湾岳のマキビタルー(第一稿改訂)

 夜明けまで続いた神様たちとの酒盛りの後、アメキウディー(天城岳)を下りたサスカサたちはアメキヌルの屋敷に着くと疲れ果てて眠りに就いた。
 夕方に目覚めたヌルたちはサスカサたちを尊敬のまなざしで見て、改めて歓迎の宴(うたげ)を開いてくれた。今後、徳之島按司(とぅくぬしまあじ)が中山王(ちゅうざんおう)に背く事になったとしても、ヌルたちは皆、サスカサに従い、按司の離反を必ず抑えると誓ってくれた。
 サスカサは大叔母の馬天(ばてぃん)ヌルが琉球を旅して各地のヌルたちと親しくなったわけがようやく理解できた。馬天ヌルはヌルたちを一つにまとめようとしていたに違いない。ヌルたちが馬天ヌルに従えば、按司たちが中山王から離反しようと思ってもできなくなる。今帰仁(なきじん)の合戦の時、名護(なぐ)、羽地(はにじ)、国頭(くんじゃん)の按司たちが山北王(さんほくおう)を裏切ったのも馬天ヌルの活躍があったからに違いないと気づき、サスカサは奄美の島々のヌルたちを一つにまとめなければならないと思った。
 翌日、阿布木名(あぶきなー)ヌルに招待されたサスカサたちは『まるずや』の船に乗って阿布木名(天城町)に向かった。喜念(きゅにゅん)ヌルと目手久(みぃてぃぐ)ヌルが付いてきた。徳之島の北部を回って西海岸に出て、正午(ひる)前に阿布木名に着いた。
 大和城按司(やまとぅぐすくあじ)がいた頃はヤマトゥから来た船で賑わっていた阿布木名泊(あぶきなーどぅまい)には玉グスクがあって、大和城按司の配下が守っていたが、今は徳之島按司のサムレーが守っているという。阿布木名泊の手前の砂浜から上陸したサスカサたちは阿布木名ヌルの屋敷に行って昼食を御馳走になった。
 阿布木名ヌルが大和城ヌルと大城(ふーぐすく)ヌルを呼んで、サスカサたちを紹介して、アメキウディーでの神様たちとの酒盛りの事を話した。二人は目を丸くして話を聞いていた。大和城ヌルは大和城按司の娘で十八歳、大城ヌルは大城按司の娘で二十八歳、二人とも八年前の戦(いくさ)の時、阿布木名ヌルに助けられていた。二人は父親の敵(かたき)の山北王を倒してくれた事をサスカサたちに感謝したが、徳之島按司がそのまま残る事には不満顔だった。
 大和城山と大城山に登り、グスク跡を見たサスカサたちは、阿布木名ヌルたちと別れてウンノー泊(面縄港)に戻った。
 サグルーたちと徳之島按司の話し合いはまだ続いていて、サスカサたちは『まるずや』を手伝った。
 六月二十二日、シラーと五十人の兵を浅間(あざま)グスクに残して、サグルーとマウシ、サスカサたちは奄美大島(あまみうふしま)に向かった。人質として徳之島按司の娘の若ヌルを預かった。同じ人質の与論(ゆんぬ)若ヌルがサスカサの弟子になっている事を知って、徳之島若ヌルもサスカサの弟子になった。『まるずや』は徳之島で商売をしなければならないので別れ、マティルマとマハマドゥ、トゥイとマアミとナーサも徳之島に残った。
 奄美按司は北部の赤木名(はっきな)にいるが、南部のユワンウディー(湯湾岳)にキキャ姫の孫のユワン姫が待っているというので湯湾(ゆわん)に向かった。与路島(ゆるじま)、加計呂麻島(かきるまじま)を右に見て、クミズネ(曽津高崎)を超えて焼内湾(やきうちわん)に入って行った。湯湾は山に囲まれた湾内の一番奥にあり、川の河口が港になっていた。中山王の三隻の船が近づいて行くと砂浜から五艘の小舟(さぶに)が近づいてきた。
 サグルーとマウシ、サスカサたちは小舟に乗って上陸し、湯湾大主(ゆわんうふぬし)と湯湾ヌルに歓迎された。二人は夫婦で、ユワン姫の子孫だという。夕方になってしまったので、ユワンウディーに登るのは明日にして、湯湾大主の屋敷に行き、お世話になる事になった。屋敷では村人たちが集まって歓迎の宴の準備をしていた。
 その夜、サスカサたちは湯湾大主から六年前に山北王の船が来て、山北王に従う事になった経緯(いきさつ)を聞いた。湯湾大主は一度、今帰仁に行った事があり、あれだけ栄えていた今帰仁の城下が焼け落ち、難攻不落と思われた今帰仁グスクが攻め落とされて山北王が滅んだと聞いて、信じられないと驚いていた。
 サグルーとマウシは湯湾大主の娘の若ヌルと阿室(あむる)の若ヌルと楽しそうに話をしながら酒を飲んでいた。二人ともサスカサと同い年の二十四歳で従姉妹(いとこ)同士だった。でれっとした顔のサグルーを見ながら、父親に似て兄も女子(いなぐ)好きに違いないとサスカサはサグルーを睨んだ。
 翌日、湯湾ヌルの案内でサスカサたちはユワンウディーに向かった。来なくてもいいと言ったのに、湯湾若ヌルと阿室若ヌルが一緒なので、サグルーとマウシも付いて来た。
 サスカサは歩きながら湯湾ヌルからユワンウディーの事を聞いた。
「ユワンウディーはこの島で一番高いお山です。山頂近くに二つの古いウタキ(御嶽)があります。一つはわたしたちの御先祖様のユワン姫様で、もう一つはわかりませんでしたが、今年の正月に瀬織津姫(せおりつひめ)様とスサノオ様がいらしたお陰で、御先世(うさきゆ)(古代)のユワン姫様だとわかりました」
「えっ、ユワン姫様は二人いらっしゃるのですか」とサスカサは驚いて聞いた。
「そうなのです。御先世のユワン姫様は与論島(ゆんぬじま)のユン姫様の娘さんです。この島に来て一番高いお山に登って、このお山はユワンウディーと呼ばれるようになりました。島の名前も『ユワンぬ島』と呼ばれたそうです。ユワン姫様の次女のカサン姫様はこの島の北部に行って、カサン姫様が登った山がカサンウディー(笠利岳(大刈山))と呼ばれるようになります。やがて、カサンウディーの裾野の小高い丘の上にあったカサン姫様のお屋敷跡がアマンディー(奄美岳)と呼ばれるようになって、ユワンウディーよりもカサンウディーの方が栄えるようになって、島の名前も『カサンぬ島』と呼ばれるようになったようです。キキャ姫様の娘さんがこの島に来た時は『カサンヌ島』と呼ばれていて、娘さんはカサンヌ姫を名乗ります。カサンヌ姫様の長女がユワンウディーに登って、ユワン姫を名乗ったのです」
「『ユワンヌ島』から『カサンヌ島』になって、それから『奄美大島』になるのですね」
奄美大島と呼ばれるようになったのは鬼界島(ききゃじま)に大宰府(だざいふ)の役人が来てからのようです。ヤマトゥンチュが付けた名前ですが、今では当たり前のようにそう呼ばれています。話を戻しますと、ユワン姫様がユワンウディーに登った時、御先世のユワン姫様の子孫のヌルは絶えてしまっていて、ユワン姫様には御先世のユワン姫様の事はわかりませんでした。今年の正月、突然、御先世のユワン姫様の声が聞こえるようになって、ユワン姫様は驚かれたそうです。わたしたちもとても驚きました」
「徳之島でトゥクカーミー(カムィ焼)を焼いていた頃、この島も賑わったのですか」とナナが湯湾ヌルに聞いた。
「もう百年余りも前の事ですが大層賑わったそうです。鬼界島と徳之島を行き来するお船の拠点となった古見(くみ)(小湊)はかなりの賑わいだったようです。港には大きなお船がいくつも泊まっていて、大きな蔵も建ち並んでいて、ヤマトゥンチュたちも暮らしていたそうです。トゥクカーミーを各地に運ぶための大きなお船を造る造船所が湯湾にできて、湯湾も賑わったのですよ。山で伐り出した太い丸太が川を下って来て、大勢の職人たちによってお船が造られ、そのお船はトゥクカーミーを積んで南の島(ふぇーぬしま)まで行っていたのです」
「湯湾に造船所があるのですか」
「今もありますが、今は大きなお船は造っていません。小舟だけです」
「湯湾の人たちも南の島まで行ったのですか」
「ヤマトゥから来たお船と一緒に南の島まで行っていたそうです」
「えっ、ミャーク(宮古島)まで行ったのですか」
「そうです。久米島(くみじま)からサシバを追ってミャークまで行って、さらに南の方(ふぇーぬかた)にある島々を巡ったようです」
 ナナは驚いた顔をしてシンシンを見た。シンシンも驚いていた。百年余りも前に、奄美大島の人たちがミャークまで行っていたなんて思いも寄らない事だった。
「山北王がこの島を攻めた時、山北王のお船は湯湾にも来たのですか」とサスカサは聞いた。
「七年前に最初に攻めてきた時は徳之島からまっすぐ浦上に向かいました。浦上には浦上殿と呼ばれるヤマトゥから来た平家の子孫のサムレーがいます。まず、浦上殿を従わせてから赤木名に行き、名和小五郎(なわくぐるー)という倭寇(わこう)を退治しました。笠利崎(かさんざき)を回って東海岸(あがりかいがん)に出て、刃向かう者たちを倒して戸口(とぅぐち)に行って、戸口殿を従わせました。戸口殿も浦上殿と同じ平家の子孫のサムレーです。戸口から南下して山間(やんま)まで平定して、その年は帰って行きました。帰る時、加計呂麻島の諸鈍(しゅどぅん)に寄って小松殿と会っています。小松殿も平家の子孫のサムレーで、古い事を色々と知っている物知りなので、この島の歴史を聞いたようです。翌年、二度目に来た時に南部の浦々を巡って、七月に湯湾に来ました。夫の湯湾大主が本部大主(むとぅぶうふぬし)というサムレー大将を歓迎して、山北王に従う事を誓いました」
「湯湾大主様は今帰仁に行ったと聞きましたが、湯湾ヌル様も今帰仁に行かれたのですか」
「わたしは行きませんが、若ヌルは阿室の若ヌルと一緒に行きました。今帰仁の城下には見た事もないほど大勢の人がいて、山北王のグスクの立派さに驚いたと言っていました。その時はわたしの息子も一緒に行っています。旅好きな息子で、山北王が攻めてくる前にも今帰仁に行っていて、首里(すい)にも行っています」
「息子さんが首里に行ったのですか」
「小舟に乗って独りで行ったのですよ。翌年の夏に無事に帰ってくるまで、わたしは神様に息子の無事を祈り続けましたよ」
 サスカサが振り返るとサグルーと阿室若ヌル、マウシと湯湾若ヌルが楽しそうに話をしながら歩いていた。サスカサがサグルーを睨むとサグルーは笑って手を振った。
 険しい岩場もなく、一時(いっとき)(二時間)余りで山頂の近くにある広場に着いた。広場には丸太小屋があって、ヌルたちが集まった時に利用すると湯湾ヌルが説明していた時、森の中から笛の音(ね)が聞こえてきた。爽やかで軽やかで、気分が晴れやかになるような曲だった。
「息子がいるらしいわ」と湯湾ヌルが笑ってサスカサたちを見た。
「息子さんが吹いているのですか」とナナが聞いた。
琉球に行った時、横笛を手に入れて、それから毎日吹いていたのよ。最初の頃はうるさかったけど、最近は神様も喜んで聞いているみたいね」
「息子さんは神人(かみんちゅ)なのですか」とサスカサが聞いた。
「神様の声は聞こえないようだから、まだ神人じゃないけど、ウタキに入る事は許されているみたいね」
 広場でサグルーとマウシに待っていてもらい、サスカサたちは森の中に入って行った。細い道を進むと古いウタキがあって、大きな岩の前で、背中に弓矢を背負った男があぐらをかいて笛を吹いていた。
 サスカサたちは立ち止まって笛の調べを聴いていた。神様が喜んでいると言われるだけあって素晴らしい曲だった。目を閉じて聴いていると幼い頃の事が思い出された。サスカサは佐敷グスクにいた頃の事を、シンシンは生まれた村が山賊に襲撃される前、両親と平和に暮らしていた頃を、ナナは父の事も知らずに母と富山浦(ぷさんぽ)(釜山)で暮らしていた頃を、志慶真(しじま)ヌルは父が戦死して、再建した志慶真村で母と暮らしていた頃を思い出していた。
 曲が終わると男は立ち上がって振り返った。
「どこに行ったのかと思ったら、こんな所にいたの?」と湯湾ヌルが息子に聞いた。
「神様に呼ばれたんだ」と息子は答えた。
「何を言っているの?」
「本当なんだ。昨日の午後、突然、神様の声が聞こえたんだ。神様から言われた通りにこのお山に登って、神様と一緒にお酒を飲んだんだ。ついさっき目が覚めて、神様に頼まれて笛を吹いていたんだよ」
「神様とお酒を飲んでいたですって、ふざけないでちょうだい」
「本当だよ」と言って、息子は転がっている瓢箪(ちぶる)を拾って母に見せた。
「ここで神様とお酒を飲んでいたって言うの?」
「そうだよ。ユワン姫様と飲んでいたら、ハッキナ姫様とカサンヌ姫様も現れて、御先世のユワン姫様も現れたんだ。みんな、凄い美人で、いくら飲んでも酔わないんだよ」
「いい加減な事を言わないで。話は後で聞くわ。中山王のヌル様たちがお祈りをするから、あなたは広場の小屋で待っていて」
「本当だってば」と母に言ってから息子はサスカサたちを見て、「あっ!」と驚いた顔をした。
「サスカサ様」と息子はサスカサを見つめた。
「知っているの?」とシンシンがサスカサに聞いた。
 サスカサは首を振った。首を振ったが息子に見つめられて胸が熱くなるのを感じていた。
「七年前の四月、首里で行なわれた丸太引きのお祭りの三日後、俺は兼(かに)グスク按司のお供をして島添大里(しましいうふざとぅ)グスクに行きました。東曲輪(あがりくるわ)でサスカサ様と会って物見櫓(ものみやぐら)に登って話をしました」
 サスカサは思い出した。父がヤマトゥ旅に出る前だった。ンマムイ(兼グスク按司)が一緒に連れて行ってくれと父に頼みに来た時だった。ンマムイの供として来た息子は東曲輪でブラブラしていた。サスカサが屋敷から出て安須森(あしむい)ヌルの屋敷に行こうとした時、声を掛けられ、物見櫓に登って話をしたのを思い出していた。
「マキビタルー」とサスカサは言った。
「俺の名前を覚えていてくれたのか」とマキビタルーは嬉しそうに笑った。
 今まですっかり忘れていた名前が急に思い出されたのが不思議だった。
「あなた、サスカサ様にお会いしていたの?」と湯湾ヌルが不思議そうな顔をして息子とサスカサを見ていたが、「話は後よ」と息子を追い出した。
 サスカサに頭を下げてマキビタルーは出て行った。サスカサはマキビタルーの後ろ姿を見送りながら、胸の高鳴りを抑えようとした。
「息子が迷惑を掛けたようで、申し訳ありません」と湯湾ヌルが謝った。
 サスカサは首を振った。
「わたしたちの御先祖様のユワン姫様のウタキです」
 そう言って湯湾ヌルはウタキの前に跪(ひざまづ)いた。
 サスカサたちも跪いてお祈りを捧げた。
「待っていたのよ」と神様の声が聞こえた。
「キキャ姫様のお孫さんのユワン姫様ですね」とサスカサは聞いた。
「そうよ。今から七百年程前、ヤマトゥの国が唐(とう)の国に送った遣唐使お船がこのお山の北方(にしかた)にある大和浜(やまとぅはま)に来たのよ。そのお船に乗っていた留学生の下道真備(しもつみちのまきび)という人と湯湾ヌルが結ばれたわ。翌年、湯湾ヌルは男の子と女の子の双子を産んだのよ。女の子はヌルを継いで、男の子は湯湾大主になったわ。男の子はマキビタルーと名付けられて、湯湾大主は代々、マキビタルーを名乗っているのよ」
「七百年も前からずっと続いているのですか」
「そうよ。時には大主とヌルは結ばれて、今に至っているのよ」
「マキビタルーが神様と一緒にお酒を飲んだって言っていましたが本当なのですか」
「本当よ。あなたが来る事を知って、マキビタルーをお山に呼んだのよ。マキビタルーはあなたの事をずっと想っているけど、あなたはマキビタルーの事を忘れているかもしれない。浜辺で出会ってマキビタルーに恥をかかせたくなかったので、ここに呼んで、ここで会わせたのよ。あなたもマキビタルーの事を覚えていてくれてよかったわ」
 覚えていたわけではなかったが急に思い出したのだった。マキビタルーが奄美大島から来た事もユワンウディーの話をした事も思い出していた。心の奥底にしまっておいたのだろうかとサスカサは思った。あの時はサスカサを継いで二年目だった。先代のサスカサの指導のもと十六歳でサスカサを継いだが、まだ不安だらけだった。サスカサの名を汚(けが)すまいと必死だったので、誰かを好きになる余裕なんてなく、マレビト神の事なんて考えた事もなかった。もしかしたら、マキビタルーはわたしのマレビト神なのだろうか。
「今のマキビタルーの事を教えてください」とナナが言った。
「子供の頃は妹のニニーを連れてお山の中を走り回っていたわ。小舟の漕ぎ方を覚えると毎日、海に出ていたわ。十六の時に小舟で加計呂麻島を一周して、十七の時に奄美大島を一周して、十八の時に琉球まで行ったのよ。浮島の賑わいに驚いて、若狭町(わかさまち)の宿屋で阿波根(あーぐん)グスクに武芸者が集まっていると聞いて、阿波根グスクに居候(いそうろう)していたのよ」
「マキビタルーは武芸者なのですか」とシンシンが聞いた。
「幼い頃から弓矢の稽古に励んでいて、十二の時から加計呂麻島の実久(さねぃく)に通って剣術を習っていたの。実久には源為朝(みなもとのためとも)の子孫だという実久小太郎(さねぃくくたるー)という武芸者がいるのよ。阿波根グスクに行ったマキビタルーは兼グスク按司が連れてきたヂャンサンフォン(張三豊)から武当拳(ウーダンけん)の指導も受けているのよ」
「えっ、マキビタルーはお師匠の弟子だったのですか」とシンシンが驚き、ナナも驚いていた。
 サスカサは島添大里グスクの物見櫓でマキビタルーからヂャンサンフォンの事を聞いたのを思い出した。ヂャンサンフォンは母と一緒にヤマトゥに行っていて、琉球に帰ってくるとンマムイに連れられて阿波根グスクに行ったのだった。サスカサがヂャンサンフォンから武当拳の指導を受けたのはその翌年なので、マキビタルーは兄弟子という事になる。
「ガマ(洞窟)の中で一か月間修行をしてから島添大里グスクのお祭りに行ってサスカサに一目惚れするのよ。相手は島添大里按司の娘で中山王の孫、今のままでは相手にされないと思って、もっと強くならなければならないと武芸の修行に励むわ。笛を始めたのも島添大里按司の笛を聞いて感動したからなのよ。島添大里の若按司夫婦が島尻大里(しまじりうふざとぅ)グスクの婚礼に行く時、サスカサが女子(いなぐ)サムレーを率いて護衛したのもマキビタルーは見ていたし、サスカサが丸太引きのお祭りに出て、丸太の上を飛び跳ねていたのも見ていたわ。そして、兼グスク按司のお供をして島添大里グスクに行った時、夢がかなってサスカサと話をする事ができたの。旅から帰ってきたマキビタルーは武芸だけでなく学問も身に付けようと諸鈍に行って小松殿から学問を学んだわ。マキビタルーが琉球に行った翌年、山北王のお船が湯湾に来て、湯湾大主は山北王に従うわ。中山王と山北王が敵対している事を知っていたマキビタルーは、奄美大島が山北王の支配下になってしまった事を嘆いたわ。マキビタルーはサスカサを想いながら山頂で笛を吹いていたのよ。翌年の夏、山北王と中山王は同盟を結ぶわ。その年の冬に湯湾大主が今帰仁に行って、マキビタルーは留守番をしていて、翌年の冬、妹の若ヌルと阿室の若ヌルを連れて今帰仁に行ったわ。今帰仁で新年を迎えてからマキビタルーは二人の若ヌルを連れて首里に行ったのよ。首里グスクのお祭りを見て、お祭りに来ていた兼グスク按司と再会して、新しくできた兼グスクに行ったわ。ヂャンサンフォンが与那原(ゆなばる)にいると聞いて与那原グスクに行って、武当拳の修行を積んで、二月の末には島添大里グスクのお祭りにも行ってお芝居を楽しんだけど、サスカサには会えなかったみたい。マキビタルーは縁がなかったのかとがっかりして今帰仁に戻って、この島に帰ってきたのよ」
 お祭りの時のお芝居が始まってから、サスカサは衣装を担当していて、安須森ヌルの屋敷で舞台に上がる人たちの小道具の用意や着替えを手伝ったりしている事が多かった。多分、その日も安須森ヌルの屋敷から出る事なく、マキビタルーが来た事も知らなかったに違いなかった。
「マキビタルーはサスカサの事を諦めかけていたのよ。でも、ウミンチュ(漁師)たちの噂で中山王が山北王を滅ぼしたと聞いて、まだ縁があるかもしれないと思っていた所に、サスカサがやって来たのよ。二人がうまく行く事を願っているわ」
 まったく予想外の事でサスカサは戸惑っていた。今回の旅でマレビト神に会える事を願っていたが、七年前に一度会った男がマレビト神だったなんて‥‥‥いいえ、まだ、マレビト神だとは決まっていない。でも、あの胸の高鳴りはマレビト神に違いない。もう一度会って確認しなければならなかった。
 ユワン姫はササの笛が聞きたかったけど残念だわと言っていた。ユワン姫も笛の名手で、よく山頂で笛を吹いていたという。
「サスカサ、あなたの笛を聴かせたら?」とナナが言った。
「えっ、だめですよ」とサスカサは手を振った。
 幼い頃から父の笛を聴いて育ったが自分で吹こうとは思わなかった。南の島から帰ってきたササから、笛を吹いたらスサノオ様がやって来たと聞いて、自分も吹いてみようと思いササから習ったのだった。笛の稽古を始めてからまだ一年しか経っていない。他人(ひと)に聴かせるほどの腕になっていなかった。まして、神様に聴かせるなんてとんでもない事だった。
「アメキウディーの山頂で吹いた笛はよかったわよ。サスカサらしさがよく出ていて、スサノオ様も驚いていたわ」とシンシンが言った。
「えっ、わたしが吹いたのですか」
 酔った勢いで笛を吹いたような記憶がかすかに残っていたが、やはり吹いてしまったのかとサスカサは顔を赤らめた。
スサノオ様に聴かせたのなら是非とも聴きたいわ」とユワン姫が言った。
「あたし、あの時、酔ってしまってお師匠の笛を聴いていません。是非、聴かせてください」と瀬底(しーく)若ヌルが言うと、サスカサの弟子たちが皆、お師匠の笛が聴きたいと言い出した。
 弟子たちの前で恥をかきたくはなかったが、神様の頼みを断りたくはなかった。サスカサは覚悟を決めて弟子たちにうなづくと、腰に差していた笛を袋から出して口に当てた。
「何も考えなくていいのよ。その時の気持ちを素直に表現すればいいの」とササは言った。毎日、お稽古を続けて、ようやく、自分の気持ちが表現できるようになっていた。
 サスカサは音合わせをしてから吹き始めた。
 今帰仁を出てからここに来るまでに感じた事を思い出しながら吹いた。小鳥たちが騒いだと思ったら急に静かになって、サスカサの笛の音が山の中に響き渡って行った。突然、聴いた事もない音がサスカサの笛と合奏し始めた。
「サラスワティ様だわ」とシンシンが言って空を見上げた。
「どうしてこんな所にいるのかしら?」とナナも空を見上げた。
 サスカサは不思議な音色の楽器と掛け合いをしながら気持ちよく笛を吹いていた。聴いている人たちは皆、うっとりと聴き入っていた。まるで、心地よい風に吹かれて雲の上を歩いているような気分にさせる曲だった。
 吹き終えたサスカサは放心状態になっていた。
「誰なの、笛を吹いていたのは?」とサラスワティの声が聞こえた。
「安須森ヌルの姪です。島添大里按司の娘のミチで、神名(かみなー)はサスカサです」とナナが答えた。
「サハチの娘なのね」と言ったサラスワティの声でサスカサは我に帰った。
「父を御存じなのですか」
「この前、ビンダキ(弁ヶ岳)の弁才天堂の落慶式に行ったのよ。ササはいなかったけど、サハチと会って、サハチの笛を聴いたわ。そう、サハチの娘だったの。わたしも昔は軽やかで楽しい曲を奏でていたのよ。懐かしい調べが聞こえて立ち止まったら、シンシンとナナがいたので声を掛けたのよ」
「サラスワティ様はどうして、こんな所にいるのですか」とナナが聞いた。
役小角(えんのおづぬ)(役行者)に呼ばれたのよ。天川(てんかわ)の弁才天社にね。瀬織津姫も一緒らしいから一緒にお酒を飲もうと思ってね」
「天川の弁才天社ですか。スサノオ様は御一緒じゃないのですか」
「さあ、どうかしら。わたしのヴィーナを聞いたら飛んでくるんじゃないかしら。またいつか、一緒にお酒を飲みましょう」と言ってサラスワティは去って行った。
瀬織津姫様がスサノオ様といらした時、サラスワティ様も一緒にいらして、わたしもサラスワティ様のヴィーナと一緒に笛を吹いたのよ。サラスワティ様は遠い異国からいらした神様なんでしょ」とユワン姫が聞いた。
「明国(みんこく)よりもずっと西方(いりかた)にあった国の神様です。その国はなくなってしまって、今は明国の南の方(ふぇーぬかた)にあるクメール王国にいらっしゃいます。サラスワティ様はヤマトゥでは弁才天様として祀られています」とナナが答えた。
「サラスワティ様が足を止めたのだからサスカサの笛は本物よ。もっと自信を持って吹くべきよ。わたしも感動したわ」
「話は変わりますけど、湯湾の人たちが南の島に行ったと聞きましたが、イシャナギ島(石垣島)にも行ったのですか」とナナがユワン姫に聞いた。
「行ったのよ。当時、湯湾でお船を造っていて、そのお船に乗ってミャークやイシャナギ島に行ってトゥクカーミーと貝殻の交易をしてきたのよ。徳之島で大量に焼いたカーミー(甕)を捌(さば)くのに熊野の水軍だけでは間に合わなくて、島人(しまんちゅ)たちも手伝ったのよ。あの頃はこの島も活気があったわ」
「その頃、この島にも按司がいたのですか」
「南部はヌルが治めていたけど、北部にはいたわ。赤木名ヌルの弟がグスクを築いて笠利按司(かさんあじ)を名乗ったのよ。笠利一帯を治めていて、平家が来た時は平家とうまくやっていたんだけど、トゥクカーミーの交易が終わった後、倭寇に攻められて滅ぼされてしまったわ」
「その倭寇は山北王に滅ぼされたのですね」
「そうよ。詳しい話は妹のハッキナ姫に聞くといいわ」
 サスカサたちはユワン姫にお礼を言って別れた。
 御先世のユワン姫のウタキに行くために広場に戻るとサグルーとマウシの姿がなかった。
「マキビタルーと一緒に丸太小屋にいるのでしょう」と湯湾ヌルが言った。
 御先世のユワン姫のウタキは山頂へと向かう道の途中から森の中に入った所にあった。見るからに古いウタキで強い霊気がみなぎっていた。サスカサたちはお祈りを捧げた。
「聴いたわよ。サスカサの笛とサラスワティ様のヴィーナの合奏を」と神様の声が聞こえた。以外にも若々しい声だった。
「ユン姫様の娘さんのユワン姫様ですね」とサスカサは聞いた。
「そうよ。わたしも骨笛(ふにぶえ)を吹いた事があるけど、あんな素晴らしい調べは吹けないわ。とてもよかったわよ」
 神様に褒められてサスカサはお礼を言ったが照れくさくて、
「ユワン姫様は永良部島(いらぶじま)の神様になるはずだったのですか」と話題を変えた。
「そんな事もあったわね」とユワン姫は笑った。
「まだ永良部島(いらぶじま)とは呼ばれていなかったけど、わたしは母に言われてその島に行って、一番高いお山に登ったわ。与論島(ゆんぬじま)にはお山がなかったから眺めを楽しんでいたんだけど、北方(にしかた)にそのお山よりも高いお山が見えたのよ。それで、わたしはその島(徳之島)に行ったわ。その島はお山がいくつも連なっていて面白かったけど、さらに北方に高いお山が見えたの。わたしは行ったわ。それがこのお山なのよ。このお山よりも高いお山はないから、わたしはここに落ち着いたのよ。当時は貝殻の交易が盛んで、冬になるとヤマトゥから帰ってきたお舟が、このお山の北方にある浜辺に何艘もやって来て、一休みしていったわ。貝殻の工房もあって賑やかだったのよ」
スサノオ様も琉球に行く時にその浜辺に寄ったのですか」とナナが聞いた。
「寄ったわよ。そして、スサノオはこのお山にも登って、南の方(ふぇーぬかた)を見て、沖の長島(沖縄)はまだ先のようだって言ったわ」
スサノオ様は沖の長島の事を誰に聞いたのですか」
「その頃のスサノオ対馬を拠点にしていたから、瀬織津姫様の孫の津島津姫(つしまつひめ)様じゃないかしら。でも、スサノオは神様の名前は知らなかったはずよ。津島津姫様の導きで沖の長島に行って豊玉姫(とよたまひめ)と出会うのよ」
豊玉姫様と出会って一緒に対馬に行ったのですね」
「その時は行っていないわ。スサノオは連れて行こうとしたけど断られたのよ。だって、豊玉姫は玉グスクヌルの跡継ぎだったのよ。当時のヌルは今の按司のように領内を統治していたので、島から出ていく事は許されなかったのよ。翌年もスサノオは来て、豊玉姫は覚悟を決めてスサノオに付いて行ったのよ。ヤマトゥに行く時、豊玉姫スサノオと一緒にこのお山に登って、ここに来てお祈りを捧げてくれたわ。娘の玉依姫(たまよりひめ)を連れて帰ってきた時も、アマン姫を連れて帰って来た時も豊玉姫はここに来たのよ。琉球からここまで来るのは大変だけど琉球のヌルたちもここに来てくれたら嬉しいわ」
「毎年、ヤマトゥに行く交易船に首里のヌルたちが乗っています。今まではこの島に寄る事はできませんでしたが、これからはこの島に寄って、このお山に登るようにさせます」とサスカサは言った。
「ありがとう。頼むわね」
「ユワン姫様がこの島に来た時、この島はどんな様子だったのですか」
「わたしがこの島に来たのは瀬織津姫様が始めた貝殻の交易が始まってから七十年も経っていたから、ヤマトゥと琉球を行き来するお舟が泊まる浜辺が各地にあって、貝殻の工房もいくつもあったわ。工房を仕切っていたのはヌルたちで、貝殻の交易が終わってしまった後もヌルを中心に集落を作って発展してきたのよ。それから三百年余りが経って、スサノオがやって来て貝殻の交易が再開して、鬼界島からカサンヌ姫が来て、カサンヌ姫の娘のミニュがこのお山に来たのよ」
「ミニュってユワン姫様の事ですか」
「そうよ。ミニュはわたしの事を知らなかったからお山の名前を貰ってユワン姫を名乗ったのよ。その時の貝殻交易は五百年も続いたけど、役小角琉球に行ったのが最後で終わってしまったわ」
役行者(えんのぎょうじゃ)様は熊野水軍お船で来たのですか」
「そうよ。熊野はスサノオを祀っているから、熊野の水軍が琉球との交易を引き継いでいたのよ。貝殻の交易が終わって、しばらくしたら遣唐使船がこの島に来るようになったのよ。あんな大きなお船を見たのは初めてだったから皆、驚いたわ。でも、遣唐使船は数回来ただけで来なくなったわ。その後、鬼界島がヤコウガイ交易の中心になって、徳之島でトゥクカーミーが焼かれるようになって、この島もそれなりに栄えたのよ。そして、平家の残党がやって来て、浦上と戸口と諸鈍に落ち着いたわ。その三つの村(しま)は栄えたけど、平家は島を統一する事はできなかったわ。琉球の察度(さとぅ)が明国との交易を始めると、明国の商品を求めてヤマトゥから倭寇がやって来て、この島のあちこちに拠点を造ったわ。地元の者たちと争って、笠利の按司は滅ぼされてしまい、島人を守るために命を落としたヌルも多かったのよ。五年前に山北王の兵が浦々を巡って敵対する者たちを倒して赤木名に按司を置いて、この島を支配下にしたけど、山北王は滅び去った。今度は中山王の支配下に入るわけね」
「この島は琉球とヤマトゥを結ぶ重要な拠点です。中山王としても奄美大島が栄えるように努力すると思います」
「お願いするわ。それと、この島と加計呂麻島のヌルたちを集めるから、あなたの笛を聴かせてあげてね」
「ヌルたちをここに集めるのですか」
「そうよ。妹のトゥク姫から聞いたのよ。楽しい酒盛りだったってね。集まるのはわたしの声が聞こえるミニュの子孫たちだけど、すぐには来られないから五日後でどうかしら? いえ、五日後じゃお月様がいないわね。ちょっと間が開くけど来月の十五日にしましょう」
 来月の十五日といえば半月以上先だが、まだこの島にいるだろうと思い、「かしこまりました。七月十五日にまた参ります」とサスカサは返事をして、「ユワン姫様の子孫のヌルたちはいらっしゃらないのですか」と聞いた。
「子孫は大勢いるんだけどね、ヌルは絶えてしまったのよ。唯一、トカラの宝島のヌルがわたしの子孫なのよ」
「えっ、宝島のヌルがユワン姫様の子孫だったのですか」
 サスカサとシンシンとナナは驚き、宝島のトカラヌルを思い出していた。
「わたしの孫のトカラ姫があの島に行ったのよ。『トカラぬ島』だったんだけど、いつしか『宝島』になってしまったわ」
 サスカサたちは再会の約束をして御先世のユワン姫と別れた。広場に戻るとマキビタルーとマウシが武当拳で戦っていた。マキビタルーは思っていたよりも強く、マウシは苦戦していた。
 サグルーが、「それまで!」と叫んで、二人を引き分けた。
 マキビタルーの妹の湯湾若ヌルがサスカサに試合を挑んできた。サスカサは断るつもりだったが、サグルーとマウシがやってみろと言ったので、仕方なく試合を受けた。
 湯湾若ヌルも思っていた以上に強かったが、サスカサの敵ではなかった。サスカサの弟子たちはサスカサの強さに目を見開いて見入っていた。マキビタルーも驚いた顔をしてサスカサを見つめていた。

 

 

奄美大島物語 増補版

目次 第三部

尚巴志伝 第三部

f:id:suwiun:20150517202854j:plain
このイラストはは和々様よりお借りしました。



  1. 沖の郡島(第一稿)  サスカサたちが沖の郡島(古宇利島)に行く。
  2. 凱旋(第一稿)  尚巴志が中山軍を率いて首里に凱旋する。
  3. 逃避行(第一稿)  湧川大主が与論島、永良部島、徳之島、奄美大島に行く。
  4. 今帰仁再建(第一稿)  マチルギたちが今帰仁城下の再建を始める。
  5. 伊江島と瀬底島(第一稿)  サスカサたちが伊江島と瀬底島に行く。
  6. 与論島平定(第一稿)  サグルーたちが与論島を中山王の支配下に置く。
  7. 永良部島騒動(第一稿)  サスカサたちがイラフ姫から永良部島の事を聞く。
  8. 永良部ヌルと鳥島(第一稿)  サスカサたちが神様から鳥島の話を聞く。
  9. 海の『まるずや』(第一稿)   志慶真ヌルがマレビト神と再会する。
  10. トゥクカーミー(第一稿)  サスカサたちが神様から徳之島の歴史を聞く。
  11. アメキウディーの饗宴(第一稿)  サスカサたち、天城山頂で神様たちと酒盛り。
  12. ササの娘、ヤエの誕生(第一稿)  首里で生まれたヤエが神様たちに祝福される。
  13. 湯湾岳のマキビタルー(第一稿)  サスカサたち、奄美大島に行き湯湾岳に登る。

3-12.ササの娘、ヤエの誕生(第一稿)

 サスカサたちが徳之島(とぅくぬしま)で神様たちとの酒盛りを楽しんでいた頃、首里(すい)グスクの龍天閣(りゅうてぃんかく)の三階の回廊からササは満月を見上げながら酒杯(さかづき)を傾けていた。
 ササと一緒にお酒を飲んでいるのは玻名(はな)グスクヌルとミッチェとサユイ、タマミガとツキミガで、若ヌルたちは明国(みんこく)のお菓子を食べながらおしゃべりを楽しんでいる。部屋の中央ではヤエが大の字になって気持ちよさそうに眠っていた。
 今日の夕方、スサノオ瀬織津姫(せおりつひめ)が現れて、ササが産んだヤエを祝福してくれた。ヤエはスサノオ瀬織津姫の声が聞こえるのか嬉しそうにキャッキャッと笑っていた。スサノオ瀬織津姫が帰った後、ミッチェたちがやって来たので、ササは月見酒よと酒盛りを始めたのだった。
 一緒に南の島(ふぇーぬしま)に行ったチチー(八重瀬若ヌル)、ウミ(運玉森若ヌル)、ミミ(手登根若ヌル)、マサキ(兼グスク若ヌル)、南の島には行かなかったが富士山まで行ったカミー(アフリ若ヌル)、この五人は神様の声が聞こえ、大三島(おおみしま)で神様の姿も拝んでいた。キラ(沢岻若ヌル)、クトゥ(宇座若ヌル)、マナ(勢理客若ヌル)の三人は弟子になったばかりで神様の声は聞こえない。中グスクヌルと勝連(かちりん)若ヌルもササの弟子になっていたが、中グスクヌルは父が凱旋(がいせん)してきたので中グスクに帰り、勝連若ヌルは父の戦死からまだ立ち直ってはいなかった。
 二か月ほど前、サハチと一緒に勝連グスクに行って、寝込んでいた若ヌルを慰め、グスクの周辺で明月道士(めいげつどうし)の霊符(れいふ)を見つけたササは、明月道士を必ず探し出して退治すると心に決めた。翌日、佐敷グスクのお祭りに行こうとした時、祖父の中山王(ちゅうざんおう)がお輿(こし)を送ってきた。従わないと護衛のサムレーたちが罰せられると言うので、ササは仕方なく、お輿に乗って首里グスクに向かった。
 若ヌルたちを連れて御内原(うーちばる)に入ったササは、三星党(みちぶしとう)の侍女にチュージを呼んでもらった。チュージは三星党の四天王の一人で、浮島と首里、及び琉球中部を担当していた。ササはチュージに霊符を見せて、明月道士の拠点を見つけ出してくれと頼んだ。
 明月道士の事はチュージもウニタキから聞いていて、勝連にいる配下の者に望月党の以前の隠れ家を見張らせているが、明月道士が現れる事はなかった。
「明月道士は奄美大島(あまみうふしま)からお舟に乗って勝連に来るのよ。勝連半島の東方(あがりかた)には島がいくつもあるわ。どこかの島に拠点があるはずだわ」
 その事はチュージも気づいて、イチハナリ(伊計島)から津堅島(ちきんじま)までの島々を調べさせたが何も見つからなかった。しかし、また霊符が見つかったとなるともう一度、調べ直した方がいいと思い、ササの頼みを引き受け、サンダラから聞いてイーカチが描いた明月道士の似顔絵をササに見せた。
 明月道士は七十歳近い老人で、長く伸ばした髪も髭も真っ白で、眼光の鋭い道士だという。サンダラが調べた所によると、明月道士は『望月党』を作った初代の望月サンルーの次男で、二十歳の頃に元(げん)の国に渡り、華山(ホワシャン)という険しい山で道士としての修行を積んだ。帰国したのは思紹(ししょう)が中山王になった年で、すでに望月党は壊滅していた。どうやって探したのかわからないが、望月党の残党が住み着いていた奄美大島南部の勝浦(かっちゅら)にやって来て、長老として望月党の再起を図っているらしい。
 華山は思紹がヂャンサンフォン(張三豊)と一緒に行っているので、ササも話は聞いているし、クマラパも華山で修行したと言っていた。ヂャンサンフォンやクマラパのように、明月道士も武芸の達人かもしれないと警戒した。
 明月道士の似顔絵を若ヌルたちに写させたが、ササに似たのか絵の才能のある若ヌルはいなかった。思紹の側室のユイがうまいというので描いてもらった。瓜二つといえるほどそっくりに写したのでササは驚き、側室を辞めたらイーカチ(中山王の絵師)の所に行ったらいいと勧めた。
 翌日、思紹の側室たちは女子(いなぐ)サムレーや城女(ぐすくんちゅ)たちと一緒にマチルギを助けるために今帰仁(なきじん)に向かった。同じ日、佐敷大親(さしきうふや)のマサンルーが長男のシングルーに佐敷大親を譲り、美里大親(んざとぅうふや)を名乗って越来(ぐいく)に行き、幼い若按司の後見役になった。サハチは首里城下の『油屋』に行ってウクヌドー(奥堂)と会い、味方に引き入れる事に成功した。お芝居に夢中になった娘のユラのお陰で、ウクヌドーは何の疑いもなく、中山王に従うと言ってくれた。
 梅雨が上がって例年通り、五月四日に豊見(とぅゆみ)グスクでハーリーが催された。去年は弟の豊見グスク按司に任せていた他魯毎(たるむい)も今年は琉球が統一されたお祝いだと言って、山南王(さんなんおう)の主催で中山王を招待した。思紹は王妃と孫たちを連れて豊見グスクに行った。一応、チュージが陰の護衛を務めたが何事も起こらずに無事に終わった。山南王、中山王、久米村、若狭町の四艘が競い、久米村が優勝した。海上からハーリーを見ていたサハチは愛洲(あいす)ジルーたちとルクルジルー(早田六郎次郎)たち、李芸(イイエ)と早田(そうだ)五郎左衛門を連れてキラマ(慶良間)の島へと行った。
 翌日、サハチたちがキラマの島から帰って、『那覇館(なーふぁかん)』で休んでいたら、ミャーク(宮古島)の船がやって来た。
 与那覇勢頭(ゆなぱしず)とクマラパ、タマミガとツキミガ、ガンジューとミッチェとサユイ、ナーシルとペプチとサンクルが去年に引き続き、今年もやって来た。南の島の人たちを『那覇館』に案内して、サハチは歓迎の宴(うたげ)の準備を命じた。
 与那覇勢頭もクマラパも中山王が山北王(さんほくおう)を倒したと聞くと驚き、琉球が一つになった事を喜び、是非ともヤンバル(琉球北部)に行ってみたいとと言った。クマラパの娘のタマミガはササがもうすぐ出産すると聞くと驚き、跡継ぎに恵まれてよかったと喜び、早く会いたいと言った。ミャークの人たちは翌日、サハチの先導で首里まで行列して、中山王と会い、ササと会った。
 五月八日にはビンダキ(弁ヶ岳)山頂にできた弁才天堂(びんざいてぃんどー)の落慶式が覚林坊(かくりんぼう)と福寿坊(ふくじゅぼう)によって行なわれた。思紹が彫った弁才天像が祀られ、弁才天を守るように役行者(えんのぎょうじゃ)像も祀られた。
 サハチは山伏のお寺をビンダキの裾野に造ろうと思っていたが、覚林坊と福寿坊は山グスクがいいと言った。
「あそこは岩場が多いので修行の場になります。ここにお寺を造っても修行する場所がありません」
 サハチは鞍馬山(くらまやま)を思い出して、山伏のお寺は山の中にあるのかと納得した。苗代大親(なーしるうふや)がサムレー総大将を引退して山グスク按司になる予定だったが、サムが戦死してしまい、勝連若按司の後見役に就く事に決まった。思紹が引退して山グスクに行くかと言っていたが、まだ引退してもらっては困る。山グスクにいたサグルーたちは今、奄美平定をしていて、それが終わったらチューマチの後見役として今帰仁に残る事になっている。サグルーたちの家族もすでに山グスクから出て、首里の兵が交代で守ってるだけなので、山グスクを山伏のお寺にするのもいいかもしれない。今ある建物にちょっと手を加えて、山門を建てればお寺になりそうだと思った。
「俺の一存では決められないが、山グスクをお寺にするのも面白い。検討してみるよ」とサハチは二人に言った。
 首里グスクに戻って龍天閣に行き、思紹と相談すると、
「わしが行こうと思っていたのにお寺にしてしまうのか」と思紹は木像を彫りながら言った。
「まだ引退するには早すぎます」
 思紹は手を止めてサハチを見ると、「お前、ムラカ(マラッカ)に行きたいと言っておったのう」と聞いた。
今帰仁の再建が終わったら、ファイチ(懐機)とウニタキと一緒にヂャン師匠に会いに行ってきますよ」
「そうか。わしが引退するのはお前がムラカから帰ってきてからでもいいぞ」
 何を彫っているのだろうと粗彫りの木を見ていたサハチは、裏がありそうだと思紹を見た。
 思紹はニヤニヤしながら、「条件がある」と言った。
「ヤマトゥ旅ですか」とサハチは聞いた。
「五郎左衛門殿と一緒に京都まで行ってみたいんじゃよ」
 マチルギがいない今、思紹がヤマトゥに行ったら、サハチが首里にいなくてはならなくなるが、山北王がいなくなったので何の問題も起きないだろうとサハチは思紹のヤマトゥ旅を許す事にした。
「もう五郎左衛門殿と約束したんでしょう?」
「実はそうなんじゃ。人の上に立つ者として約束を破るわけにはいかん」
「わかりました。俺との約束もちゃんと守ってくださいよ」
「わかっておる。ササから高橋殿の事も聞いたので会って来ようと思っているんじゃ」
「タミーがササの代わりに行くので、タミーと一緒に会えばいいですよ」
「タミーというのは須久名森(すくなむい)のヌルじゃな。ヤグルー(平田大親)から話は聞いている。高橋殿に会えば七重の塔に登れるじゃろう。楽しみじゃよ」
「あそこから京の都の全貌が見渡せます。七重の塔の近くにある金閣も見てきてください。首里もあのような立派な都にしなければなりません」
「よく見てくるつもりじゃよ。山グスクの件じゃが、お寺にするのはいい考えじゃ。東行法師(とうぎょうほうし)がお寺にいるのは当然の事じゃからな。上のグスクを東行寺にして、下のグスクを山伏寺にすればいい」
「東行寺ですか。それもいいかもしれませんね。ところで今度は何を彫っているのです?」
蔵王権現(ざおうごんげん)じゃ。山伏の神様らしい。熊野の近くの大峯山(おおみねさん)の山頂に蔵王堂というのがあって、そこに祀られているそうじゃ。覚林坊が連れて行ってくれると約束してくれたんじゃ」
「まったく、覚林坊とも約束していたんですか」
「マチルギがおらんからのう。お前なら許してくれると思ったんじゃ」
「覚林坊が一緒なら俺も安心できますよ。いい旅をして来てください」
大峯山は山伏の本場だそうじゃ。どんな山だか楽しみだわい」
「五郎左衛門殿も登るのですか」
「五郎左衛門殿も大峯山には昔から登りたかったそうじゃ。冥土(めいど)の土産に登ると張り切っておる」
「無理をしないでくださいよ。五郎左衛門殿は七十に近いですからね」
「わかっておるよ」と思紹は言って彫り物に熱中した。
 五月十二日、島尻大里(しまじりうふざとぅ)グスクでお祭りが行なわれた。トゥイ様(前山南王妃)とマアサはいないが、王妃と島尻大里ヌルがユリたちの助けを借りて頑張った。馬天(ばてぃん)ヌルが南の島の人たちを連れて行って、南の島の人たちは大歓迎され、南の島の歌や踊りを披露して大盛況だったという。サハチは交易船の準備で忙しく、行く事はできなかった。
 その日の午後、冊封使(さっぷーし)を送って行った進貢船(しんくんしん)が帰ってきた。サングルミーが会同館の帰国祝いの宴でサンクルとペプチ母子と再会した。母子はパティローマ島(波照間島)には帰らずに琉球で暮らすと言ったので、サングルミーは喜び、その気持ちを二胡(アフー)で表現して喝采を浴びた。
 サングルミーは香炉と大量の線香を持ってきて、馬天ヌルは首里グスクのキーヌウチのウタキ(御嶽)に香炉を置いて線香を焚いた。
 五月十五日、ササが首里グスクの御内原で無事に女の子を産んだ。見守っていた真玉添姫(まだんすいひめ)、アマン姫、豊玉姫(とよたまひめ)に祝福された女の子はヤエと名付けられ、元気な泣き声は神様たちの耳に入って、琉球中の神様たちが祝福にやって来た。出産に疲れ切って眠っているササに代わって若ヌルたちが神様たちの応対に大わらわだった。
 ササの出産を見届けるとサハチは久し振りに島添大里(しましいうふざとぅ)グスクに帰った。安須森(あしむい)ヌルの屋敷に行って女子サムレーたちとユリたちにササの娘が生まれた事を話していたらウニタキが顔を出した。今帰仁で別れて以来だった。
 サハチはウニタキを誘って物見櫓(ものみやぐら)に登った。
「ササが母親になったとは驚きだな」とウニタキは笑った。
「ヤエを抱いているササは幸せそうだったよ。母親という顔付きをしていた」
「どんな娘に育つか楽しみだな」
「サグルーの倅のサハチを守ってくれるだろう」
「そういえばサグルーの嫁さんも御内原にいるらしいじゃないか」
「サハチの妹か弟がもうすぐ生まれるんだよ。ところで、見つかったのか」
 ウニタキは首を振った。
「どこにもいないんだ。山の中も周辺の島々も探したがどこにもいない」
「奴らを助ける仲間はいないはずだが、どこに逃げたのだろう」
「仲間と言えるのは島尻大里グスクにいるミンと保栄茂(ぶいむ)グスクにいる小浜大主(くばまうふぬし)とテーラーグスクにいる辺名地之子(ひなじぬしぃ)だが、奴らと接触すればすぐにわかる。まだ南部には来てはおるまい」
「ミンは山南王の世子(せいし)ではなくなり、ただの娘婿になった。辺名地之子と小浜大主はテーラーの戦死を聞いて、山南王に仕える事になった。ミンは弟のフニムイが現れれば匿うだろうが、辺名地之子と小浜大主はフニムイには従わないだろう。焦る事はない。気長に探せば必ず見つかる。それより、親父がヤマトゥ旅に行く事になった。覚林坊と福寿坊が一緒に行くが誰か護衛の者を送れないか」
「やっぱり行くのか」
「俺たちがムラカに行くためには許すしかなかったんだ」
「王様(うしゅがなしめー)の護衛か‥‥‥」
「熊野の近くの大峯山に登ると言っていたから多分、山伏の格好で行くのだろう」
「山伏と言えばイブキがかみさんを連れてヤマトゥに行きたいと言っていたな。今帰仁再建が終わったらヤマトゥに行かせようと思っていたんだが、イブキに頼むか」
「イブキは今、今帰仁にいるのか」
「ああ。『よろずや』はもう畳むつもりだから、首里でも勝連でも好きな所で隠居しろと言ったんだが、今帰仁の再建が終わったら考えると言って、『よろずや』の連中と一緒にマチルギを手伝っているんだ」
「イブキか‥‥‥もういい年齢(とし)だろう」
「ああ、七十に近いはずだ。五郎左衛門殿と同じくらいじゃないのか。護衛と言うより旅の道連れだな。ヤマトゥで中山王を狙う奴はいないだろうし、ヤマトゥ言葉が話せる奴じゃないと怪しまれるからな。長年、仕えてくれた御褒美として、『よろずや』の連中をヤマトゥに行かせよう。覚林坊と福寿坊、ジクー禅師とクルシ、クルーもいるから大丈夫だろう」
「そうだな。親父もお忍びで行くようだから目立つような事はしないだろう」
「話は変わるが、フニムイ探しをしていて、明月道士の足跡らしき物が見つかった」
「なに、本当か。明月道士の事はササがチュージに頼んだようだ」
「ああ、ササはチュージを顎(あご)で使っているよ。三星党の四天王もササにはかなわないようだ」
「奴の拠点が見つかったのか」
「いや、拠点と言えるほどの物ではない。名護(なぐ)から東海岸の方に行くと大浦(うぷら)に出る。大浦の東に安部(あぶ)という村(しま)がある。そこは勝連グスクを築いた時の材木採取場だったらしい。その責任者が安部大主という奴で村の名前に残ったようだ。今は勝連とのつながりはないようだが、安部大主の子孫が住んでいて杣人(やまんちゅ)や漁師(うみんちゅ)をやっている。その村に数年前、勝連の出身で長い間、明国で修行していたという道士がやって来て、小屋掛けして半年ほど暮らしていたと言ったんだ」
「数年前と言うのは何年前なんだ?」
「五、六年前らしい」
「若按司が病死した頃だな」
「そうだ。あの時、安部にいた明月道士が霊符を撒いたに違いない。近くに拠点はないかと探してみたが見つからなかった。今回は別の所にいたようだ」
奄美大島の拠点を攻めるわけにはいかないのか」
「あそこを攻めるのは難しい。二、三百の兵で完全に包囲して攻めないと山の中に逃げられる」
「いつまでも放っておくわけにも行くまい。サグルーたちが奄美按司を従わせたら攻めたらどうだ」
「まだ兵力となる若者は五十人といるまい。今のうちに始末した方がいいかもしれんな。ただ、幼い子供たちがかなりいるようだ。子供たちを殺すわけにもいくまいし、敵の動きをよく調べて、来年あたり、主要な奴らを始末するか」
「来年になれば今帰仁も落ち着くだろう。今帰仁の兵も出陣させればいい」
「中山王の兵が動くとなると大義名分が必要だぞ」
大義名分はサムの敵討(かたきう)ちさ」
 ウニタキは笑った。
 五日後、思紹を乗せた交易船と李芸の船は浮島(那覇)を発ち、親泊(うやどぅまい)でルクルジルーと愛洲ジルーの船と合流して与論島(ゆんぬじま)に向かった。与論島でシンゴ(早田新五郎)とマグサ、朝鮮(チョソン)に行く勝連船と合流した。湧川大主(わくがーうふぬし)の武装船を警戒して、シンゴとマグサ、ルクルジルーと愛洲ジルーの船が護衛し、ルクルジルーに李芸の船を朝鮮まで送るように頼んだ。
 母親を見つける事はできなかったが、李芸は琉球で見つけた朝鮮人を四十四人連れて帰った。『材木屋』のナコータルーの下で働いていた杣人(やまんちゅ)、今帰仁の遊女(じゅり)たちと石屋たち、屋部(やぶ)の瓦(かわら)職人たち、武寧(ぶねい)の側室だったサントゥクの家族たち、そして、山北王の側室だったパクと娘のカリンも帰って行った。
 交易船と李芸の船を見送ったサハチは首里グスクに帰ったが、思紹とマチルギのいない首里グスクは何となく活気を失ってしまったかのように思えた。
 御内原に行ってササの娘のヤエをかまって、百浦添御殿(むむうらしいうどぅん)の二階に行ったが落ち着かず、サハチは龍天閣の三階に登って眺めを楽しんだ。
 思紹が帰って来るのは年末、マチルギも年末には帰って来るだろう。来年、メイユーたちが帰る時、一緒に乗ってムラカに行こう。ウニタキとファイチ、ンマムイ(兼グスク按司)も連れて行ってやるか。楽しい旅になりそうだ。今年はメイユーが娘を連れて来るだろう。メイユーに似て可愛い娘に違いない。メイユーの活躍を本人の口から聞くのも楽しみだ。マチルギがいないのに城下の屋敷に帰っても仕方ないので、サハチは龍天閣に寝泊まりする事にした。
 午前中は思紹の代わりに政務に就き、午後は苗代大親の代わりに武術道場に行って若い者たちを鍛えた。時には慈恩寺(じおんじ)に行き、慈恩禅師を手伝った。忙しい毎日が続き、久し振りに島添大里グスクに行き、帰って来ると龍天閣にササたちがいた。夕べ、酒盛りをしたとみえて、城女たちがブツブツ文句を言いながら後片付けをしていた。三階に行くと若ヌルたちが掃除をしていて、ササはヤエをあやしていた。サハチを見ると、「どこに行っていたの? 一緒にお酒を飲もうとやって来たのに」と言った。
「島添大里に帰っていたんだ。チューマチとマグルーが守っているが、まだ任せられないからな」
「チューマチはいつ、今帰仁に行くの?」
「あいつは早く行ってマチルギを手伝いたいと言っているんだが、まだ悲しみが癒えないマナビーに惨めなグスクを見せたくないからな。グスク内の屋敷が完成してからになるだろう」
「先代の山北王妃も一緒に行くの?」
「それはどうかな。マナビーの妹のウトゥタルが女子サムレーになりたいといって安須森ヌルの屋敷に入り浸りなんだ」
「へえ。その子、いくつなの?」
「マシューより一つ年下の十三だ。マシューとも仲良くやっている」
「父親の敵(かたき)だと思っていないのね」
「姉のマナビーがお世話になっているから、みんな。身内だと思っているようだ」
「早く島添大里に帰りたいんだけど、一月はここにいろって言うのよ。だけど、御内原にいたらお酒も飲めないからここに移る事にしたの。よろしくね」
「なに、お前たちがここで暮らすのか」とサハチは部屋の中を見回した。
 玻名(はな)グスクヌルと若ヌルが八人もいて、サハチの居場所はなかった。二階は思紹の彫りかけの木像やらがあって狭い。サハチは追い出される格好となり、龍天閣をササたちに明け渡して城下の屋敷に移った。ササは龍天閣で若ヌルたちに笛を教えていて、ピーヒャラピーヒャラやかましかったが、誰も文句は言えなかった。それでもササが吹く笛の音が城下に流れると誰もが耳を澄まして聞き、龍天閣を見上げながら感動していた。
 六月十六日、ササは若ヌルたちを連れて島添大里グスクに帰った。若ヌルたちを引き連れて颯爽と歩く赤ん坊をおぶったササの姿を見たウトゥタルはササに憧れた。従姉妹(いとこ)のマサキと再会して、神々(こうごう)しく見えるマサキに驚き、わたしもヌルになりたいと言ってササの弟子になった。ヤエは女子サムレーたちに囲まれて楽しそうに笑い、その晩、ヤエの誕生祝いの宴が催された。

 

 

 

名入れ 彫刻 ボトル スパークリングワイン 金箔入り 720ml 名前 メッセージ ギフトポーチ付

3-11.アメキウディーの饗宴(第一稿)

 ウンノー泊(どぅまい)(面縄港)に戻ってサグルーたちと合流したサスカサたちは、先代徳之島按司(とぅくぬしまあじ)の妹の犬田布(いんたぶ)ヌルと会った。犬田布ヌルは山北王(さんほくおう)を倒してくれた事を感謝したが、中山王(ちゅうざんおう)が今の按司を倒す意志がない事を知って悲しんだ。
 犬田布ヌルは二人の若ヌルを連れていて、一人は先代の娘のリン、もう一人は今の按司の娘のマクトゥだった。リンは両親と兄と弟を山北王に殺されていた。犬田布ヌルがマクトゥの指導をする事に決まった時、リンは敵(かたき)の娘に会いたくないと言って会わなかった。あれから三年が経って、当時、七歳だったマクトゥは敵ではないと理解して、今では仲良くやっていた。マクトゥは許せるが按司は許せない。中山王が討ってくれないのなら、いつか、必ず敵を討つと言って、リンはサスカサの弟子になった。
 サグルーたちはウンノーグスクで徳之島按司と会い、母のマティルマと妹のマハマドゥの説得で、徳之島按司は中山王に忠誠を誓ってくれた。妻のマキクは按司が中山王に従う事に決めたと言うと、半狂乱になったので部屋に閉じ込めたという。
 按司の事はサグルーたちに任せて、サスカサたちは犬田布ヌルの案内でトゥクカーミーの窯場(かまば)跡を見に行った。わたしの出番はなさそうだと永良部(いらぶ)ヌルも一緒に来た。
 窯場跡はグスクの西半里(約二キロ)ほどの所にあって、草茫々の荒れ地になっていた。二百年も続いたので、かなり広い地域にいくつもの窯場があった。窯で焼くための木を切り開きながら南から北へと移動して行ったのだろう。今も機能している窯場は、まだ樹木(きぎ)が残っている森の近くにあった。トゥクカーミーが始まる前は、この辺り一帯は鬱蒼(うっそう)とした樹木が生い茂っていたに違いない。
 北に見えるインタブウディー(犬田布岳)に古いウタキ(御嶽)があるというので登ってみた。思っていたより遠くて、山頂まで一時(いっとき)(二時間)あまりも掛かった。暑い中、苦労して登ったのに山頂には木が生い茂っていて眺めは悪く、若ヌルたちはブーブー文句を言っていた。古いウタキらしい岩があったのでお祈りしたが神様の声は聞こえなかった。
「古いウタキなんだけど、トゥク姫様もご存じなかったのよ」とトゥクヌ姫の声が聞こえた。
「多分、トゥク姫様がこの島にいらっしゃる前に、山裾に住んでいた人たちの神様だと思うわ。山裾にはガマ(洞窟)がいくつもあるのよ」
「トゥク姫様というのはユン姫様の娘さんですか」とサスカサは聞いた。
「そうよ。北部にあるアメキウディー(天城岳)に祀られているわ。毎年、夏至の時にあたしの子孫のヌルとトゥク姫様の子孫のヌルがアメキウディーの山頂でお祈りをするのよ。今年も先月に集まったけど、あなたたちが来たから、もう一度、集まるのも悪くないわね。トゥク姫様はお酒が好きだから、山頂で酒盛りをしましょ。あたしがヌルたちに声を掛けるわ。明日は満月だから酒盛りに最適ね」
 お祈りを終えると、「山頂で酒盛りなんて、ウムトゥダキ(於茂登岳)を思い出すわね」とナナが楽しそうに言った。
「色々な神様が現れたわね」とシンシンが笑って、「何となく、スサノオ様が現れそうな気がするわ」と空を見上げた。
「まさか?」とサスカサも空を見上げてから、犬田布ヌルにアメキウディーの事を聞いた。
「わたしはトゥクヌ姫様の子孫ではないので、トゥクヌ姫様の声は聞こえませんが、目手久(みぃてぃぐ)ヌルは聞こえます。目手久ヌルは大伯母の徳之島ヌルの曽孫(ひまご)で、初代按司の妻だった恩納(うんな)ヌルの血を引いています。わたしにはよくわかりませんが、恩納ヌルとトゥクヌ姫様はつながりがあるようです。それで、目手久ヌルも夏至の集まりには参加しています。東海岸を北上して、サン(山)という村(しま)まで行って、そこからアメキウディーに登るようです。トゥクヌ姫様の子孫のヌルたちは冬至の日にブマウディー(井之川岳)に登り、夏至の日にアメキウディーに登っています」
「サンダラに頼んで、明日、アメキウディーに行きましょう」と志慶真(しじま)ヌルも楽しそうに言った。
 翌日、サスカサたちを乗せたサンダラの船はサンに向かった。サスカサの弟子になった犬田布若ヌルのリンと永良部ヌルも一緒だった。
 喜念(きゅにゅん)浜に寄って、喜念ヌルと目手久ヌルを乗せた。『まるずや』の船が来たので、浜辺に人々が集まってきた。
「改めてまた来ます」とサンダラは叫んだ。
 目手久ヌルは腰に刀を差し、喜念ヌルは弓矢を背負っていたので、サスカサたちは驚いた。話を聞くと目手久ヌルは少林拳(シャオリンけん)の名手で、喜念ヌルは弓矢の名手だという。二人ともサスカサと同年配で、武芸は母親から習っていて、何代か前の先祖が武芸の名人と結ばれたらしい。トゥクカーミーで栄えていた徳之島には各地から武芸の名人も集まってきたようだ。
 喜念浜から北上して秋津(あきちゅ)浜(亀徳)に寄って、秋津ヌルと亀津(かみぢ)ヌルと尾母(うむ)ヌルを乗せた。秋津ヌルと尾母ヌルは五、六歳の娘を連れていて、亀津ヌルは志慶真ヌルと同い年で娘はいなかった。
 井之川(いの)浜に寄って、井之川ヌルと諸田(しゅだ)ヌルを乗せた。井之川ヌルは十一歳の男の子と九歳の女の子を連れていて、諸田ヌルは四歳の娘を連れていた。
 母間(ぶま)浜に寄って、母間ヌルと娘のイサと再会した。母間ヌルは十歳の娘を連れた久志ヌルを紹介した。『まるずや』の船に乗れないので、母間ヌルと久志ヌルは小舟(さぶに)に乗って従った。
 花徳(けぃどぅ)浜の手前に擂り鉢を逆さにしたような山があって、花徳按司のグスクがあった所だと喜念ヌルがサスカサに説明した。初代の花徳按司は花徳ヌルの弟で、この辺りを二百年近く支配していたが、九代目の按司が山北王に滅ぼされてしまったという。
 花徳浜に寄って、花徳ヌルと会った。花徳ヌルは背が高く、弓矢を背負っていて、まだ跡継ぎには恵まれていなかった。花徳ヌルに花徳按司の事を聞くと、初代花徳按司の姉の花徳ヌルは鬼界島(ききゃじま)(喜界島)から来た初代の御所殿(ぐすどぅん)(阿多源次郎)と結ばれたという。
「この島の初代御所殿は源為朝(みなもとのためとも)の孫ですよね。為朝は大男だっというので、あなたも背が高いのですね。そして、弓矢の名手なのね」とサスカサが言って、御所殿の後ろ盾があったから花徳ヌルの弟はグスクを築いて按司になったようだと思った。
「母は背が高くはありませんが、祖母は高かったです。何代かおきに背が高い娘が生まれるようです。背が高いせいか、マレビト神様に巡り会えません」
 そう言って寂しそうに笑った花徳ヌルはシンシンと同い年の二十七歳だった。
「大城按司(ふーぐすくあじ)も御所殿と関係あるのですか」とナナが花徳ヌルに聞いた。
「大城按司は大和城按司(やまとぅぐすくあじ)と関係があります。初代大和城按司は熊野の山伏で、阿布木名(あぶきなー)ヌルと結ばれて、この島に落ち着いて按司になりました。大城按司は阿布木名ヌルの一族です。阿布木名ヌルは唯一残っているトゥク姫様の子孫のヌルで、阿布木名ヌルの一族は古くから西方(いりかた)に勢力を持っていました。大城按司は大和城按司に倣って山の上にグスクを築いて按司になったのです」
「もしかしたら、大和城按司のグスク跡に熊野権現がありませんか」
「あります。按司が滅ぼされた後、あの山に登ったら、グスクの中に熊野権現と書かれた石の祠(ほこら)がありました」
スサノオ様を呼べるわね」とナナがシンシンに言った。
「そうね。でも、ササか安須森(あしむい)ヌルがいなければ無理だわ。あたしたちが笛を吹いてもスサノオ様はやって来ないわよ」
「ササ様の事は神様からよく聞いています。もしかしたら、ササ様と一緒に瀬織津姫(せおりつひめ)様をお連れした方たちなのですか」と花徳ヌルが目を輝かせて聞いた。
 ナナとシンシンがそうだと言うと、花徳ヌルは跪(ひざまづ)いて両手を合わせた。話を聞いていた母間ヌルと久志ヌルも驚いた顔をしてナナとシンシンを見て、跪くと両手を合わせた。
 ナナとシンシンは慌てて、みんなを立たせた。
「トゥクヌ姫様がヌルたちを集めた意味がようやくわかりました」と母間ヌルが言った。
「中山王のヌルのために、どうしてそこまでするのだろうと不思議に思っていましたが、ササ様と一緒に瀬織津姫様をお連れした偉大なヌル様たちだったのですね。瀬織津姫様がこの島にいらしたお陰で、以前は阿布木名ヌルしか聞こえなかったトゥク姫様の声が、トゥクヌ姫様の子孫のヌルたちにも聞こえるようになりました。トゥク姫様も大歓迎なさるでしょう」
「トゥク姫様の子孫のヌルは阿布木名ヌルだけなのですか」とサスカサが母間ヌルに聞いた。
「そうです。アメキヌルもトゥク姫様の子孫でしたが絶えてしまって、六代前の母間ヌルの妹が跡を継いで、アメキウディーを守っています。アメキヌルを継いでもトゥク姫様の声は聞こえず、それでも儀式を欠かさずに行なっていました。トゥク姫様の声が聞こえて、一番喜んだのはアメキヌルです。トゥク姫様から感謝されてアメキヌルは泣いていました。阿布木名ヌルもトゥクヌ姫様の声が聞こえるようになったと喜んでいました」
 花徳ヌルは母間ヌルの小舟に乗ってもらいサンに向かった。
 サンの浜辺に着くと、アメキヌルと手々(てぃてぃ)ヌルと阿布木名ヌルが待っていた。アメキヌルは十一歳の娘を連れていていて、手々ヌルと阿布木名ヌルは二十代の後半だが、娘を連れてはいなかった。唯一のトゥク姫の子孫だという阿布木名ヌルは腰に刀を差していた。
「突然、トゥクヌ姫様から、今晩、アメキウディーの山頂で酒盛りをするって聞いて驚きましたよ」と言ってアメキヌルは笑った。
「中山王のヌル様は偉いから、みんなで歓迎するのね」と阿布木名ヌルが皮肉っぽく言った。
「ナナ様とシンシン様はササ様と一緒に瀬織津姫様を琉球にお連れしたヌルなのですよ」と母間ヌルが阿布木名ヌルに言った。
「えっ!」と驚いて阿布木名ヌルは跪こうとした。
 ナナが押さえて、「わたしたちは偉くはないわ。一緒にお酒をのみましょう」と笑った。
 アメキヌルが用意してくれたお酒と料理を持って、二十人のヌルたちはアメキウディーの山頂を目指した。サンダラも配下のイシタキと一緒に『まるずや』の酒樽を担いで付いてきた。サスカサの弟子の与論(ゆんぬ)若ヌル、畦布(あじふ)若ヌル、犬田布若ヌルはまだ神様の声が聞こえないので、ヌルたちの子供と一緒にアメキヌルの屋敷に残した。
 夕方近くになって、ヌルたちがぞろぞろとお山に向かっているので、村の人たちは驚いた顔をしてヌルたちを見送った。
 サスカサは同年配の喜念ヌルと目手久ヌルから武芸の事を聞かれて、ヂャンサンフォン(張三豊)の事を話しながら山道を登った。ナナは阿布木名ヌルと花徳ヌルに、シンシンは母間ヌルとアメキヌルに、瀬織津姫様と出会った時の事を話していた。他のヌルたちもナナとシンシンの話に耳を傾けていた。
 半時(はんとき)(一時間)余りで山頂に着いた。山頂の手前に小さな広場があって、熊野権現の石の祠があった。
「やっぱり、ここにもあったのね」とナナが言って両手を合わせた。
 皆も熊野権現に両手を合わせた。
「山頂は狭いので、ここで酒盛りをしましょう」とアメキヌルが言って、お酒と料理をそこに置いて、サンダラとイシタキに待っていてもらい、ヌルたちは山頂に向かった。
 山頂は眺めがよかったが確かに狭かった。サスカサたちは眺めを楽しんでから、石を積み上げた古いウタキの前でお祈りを捧げた。
「二十人もヌルが集まるなんて久し振りね」と神様の声が聞こえた。
「トゥク姫様ですね」とサスカサが聞いた。
「そうよ。満月の夜に酒盛りをするなんて、トゥクヌ姫も粋な事を考えたわね。遙か昔の事だけど、満月の夜に、ここで酒盛りをしたのを思い出したわ。わたしがこの島に来て、初めてこのお山に登った時、ここでお酒を飲んでいる人がいたのよ。話をしているうちに頭の中が真っ白になって、気がついたら満月の下で、二人でお酒を飲んでいたわ。わたしたちは結ばれて、二人でこの島を統一したのよ。そして、その人がこの島の名前を『トゥクぬ島』って名付けてくれたわ。その人の名前はアメキヒコで、わたしがこのお山を『アメキウディー』って名付けたのよ。わたしたちの子孫は島中に広まって、わたしの血を引いたヌルたちもいっぱいいたんだけど、みんな絶えてしまって、今は阿布木名ヌルだけになってしまったわ。わたしがこの島に来たのは千五百年も前の事だから仕方ないわね」
「アメキヒコ様はシネリキヨですか」とナナが聞いた。
「そうよ。この島に稲を持ってきた人たちよ。わたしがこの島に来た時、シネリキヨの他にも色々な人たちが暮らしていたわ。瀬織津姫様がヤマトゥに行った時から八十年近く経っていたから、ヤマトゥに行くお舟が立ち寄る浜辺にはアマミキヨたちも暮らしていたのよ。サンの浜辺はヤマトゥに行くお舟の最後の浜辺で、風待ちをして与路島(ゆるじま)に向かって行ったわ。ヤマトゥから来たお舟はサンに最初に来て、お土産を置いて行ったわ。阿布木名ヌルとアメキヌルのガーラダマ(勾玉)はその頃の物なのよ。そろそろ暗くなるから下の広場で酒盛りの支度をした方がいいわ。わたしも顔を出すから一緒にお酒を飲みましょう」
 サスカサたちはお祈りを終えて、熊野権現の広場に戻った。
 サンダラとイシタキが茣蓙(ござ)を引いて酒盛りの準備を始めていた。
「トゥク姫様は顔を出すって言ったけど、本当に現れるのかしら?」とナナが言うと、「まさか?」とアメキヌルも阿布木名ヌルも首を振った。二人ともトゥク姫様の姿を見た事はないという。
 ヤマトゥの大三島(おおみしま)でお酒好きな伊予津姫(いよつひめ)様と一緒にお酒を飲んだ事をナナが話したら、アメキヌルも阿布木名ヌルも、一緒にお酒を飲むなんて恐れ多いと言いながらも期待しているようだった。
 神様たちと一緒にお酒を飲んだ話はササや安須森ヌルからも聞いていて、あたしも神様の姿を拝みたいと願っていたサスカサは、今晩、夢がかなうかもしれないと胸をときめかせた。
 熊野権現にお酒を捧げて、顔を出した満月を拝むと酒盛りが始まった。ヌルたちが二十人もいるので賑やかだった。
 サスカサが喜念ヌルと目手久ヌルに祖父の中山王の話を聞かせ、ナナが阿布木名ヌルと花徳ヌルに南の島の話を聞かせ、シンシンが母間ヌルとアメキヌルに明国(みんこく)の話を聞かせ、志慶真ヌルが亀津ヌルと手々ヌルにヤマトゥ旅の話を聞かせ、永良部ヌルが尾母ヌルと諸田ヌルに永良部島の事を話していた時、突然、まぶしい光に包まれた。皆が目を閉じて、目を開けると神様たちがいた。
 ナナとシンシンはユンヌ姫とキキャ姫はわかったが、残りの五人は誰だかわからなかった。
 ユンヌ姫がユン姫を紹介した。
 ユン姫が娘のトゥク姫と孫娘のワー姫を紹介した。
 キキャ姫が娘のトゥクヌ姫と姪のイラフ姫を紹介した。
 神様を目の前にして、ヌルたちは驚きのあまりポカンとしていたが、アメキヌルがひれ伏すと皆がひれ伏した。
 サスカサは感激して両手を合わせていた。志慶真ヌル、東松田の若ヌル、瀬底若ヌルはサスカサを真似して両手を合わせた。隅の方で酒を飲んでいたサンダラとイシタキは眠りに就いていた。
「皆さん、顔を上げて、お酒を飲みましょう」とトゥク姫が言って、ヌルたちは恐る恐る顔を上げて神様たちを見た。
 神様たちが現れたら、まるで昼間のような明るさになり、蒸し暑さも納まって涼しい風が吹いてきた。
 トゥク姫は弓矢を背負っていて、この島を治めていた首長としての貫禄があった。キキャ姫の娘のトゥクヌ姫は優しそうな顔をしているが、左手に立派な剣を持っていた。ユン姫はトゥク姫の母親だが、トゥク姫よりも若く、優雅な着物をまとっていた。ユン姫の孫のワー姫は気品のある顔つきで、桜色の着物がよく似合っていた。イラフ姫は不思議な美しさを持っていて、顔付きに似合わず弓矢を背負っていた。ウムトゥ姫に会うために独りで池間島(いきゃま)まで行く度胸と武芸の腕も持っているようだ。
「赤名姫様とメイヤ姫様が来ているはずですけど、一緒ではないのですか」とナナがユンヌ姫に聞いた。
「あの二人はササに頼まれて奄美大島(あまみうふしま)に行ったわ」
奄美大島? ササは何を頼んだのです?」
「明月道士(めいげつどうし)の動きを探ってくれって頼まれたらしいわ」
「明月道士って、望月党(もちづきとう)の?」
「勝連(かちりん)グスクで明月道士の霊符(れいふ)が見つかって、ササは琉球にある明月道士の拠点を見つけようとしているようだわ」
「赤ん坊を産んだばかりだというのに、ササはそんな事をしているのですか。無理をしないように見守ってください」
「大丈夫よ。ササの事は神様たちがみんな知っているから危険な事はさせないわ」
 神様たちのお酒を用意して、「素晴らしい夜にしましょう」とトゥク姫が言って、皆で乾杯をした。
 かしこまってお酒を飲んでいたヌルたちも酔うにつれて、神様たちから色々な事を聞いていた。
 サスカサは三人のマレビト神に会ったイラフ姫にマレビト神の事を相談した。
「このお酒、おいしいわ」とイラフ姫は笑った。
 ユンヌ姫が言っていたように、その笑顔は素敵だった。イラフ姫と出会った人たちが、イラフ姫を忘れないように島の名前に残したわけがわかるような気がした。
「ヤマトゥのお酒です。『まるずや』さんが上等なお酒を用意してくれました」
「叔母様(キキャ姫)がお祖母(ばあ)様(ユンヌ姫)と一緒にヤマトゥに行ったと聞いて、わたしも久し振りに行ってきたのよ。京の都は素晴らしかったわ」
「北山第(きたやまてい)の七重の塔もご覧になったのですね」
「叔母様からも必ず、見てきなさいって言われたんだけど、なかったのよ」
「えっ、なかった?」
「一月の半ばに雷が落ちて焼け落ちてしまったらしいわ。わたしが行ったのが二月だったから、もう少し早く行けばよかったって後悔したのよ」
「あの塔が焼け落ちてしまったのですか」とサスカサは信じられないといった顔で首を振った。
 いつの間にか阿布木名ヌルが来ていて、サスカサとイラフ姫の話を聞いていた。
「わたしは二十一の時にウムトゥ姫を追って池間島に行って、近くにある西島(いりま)(伊良部島)で最初のマレビト神に会ったわ。娘も生まれて、とても幸せだったのよ。でも、わたしは西島に落ち着かず、与論島(ゆんぬじま)に戻って、ヤマトゥに行ったわ。今思えば、何か目に見えない力によって動かされていたように思えるのよ。あなたも自分の心に素直に従って行動すれば、必ず、素敵なマレビト神に会えると思うわ」
 今まで、自分の心に素直に従って来ただろうかとサスカサは自問した。
 佐敷按司の長女として生まれ、十歳の時に父が島添大里按司(しましいうふざとぅあじ)になって佐敷グスクから島添大里グスクに移った。十二歳になると叔母の安須森ヌルのもとでヌルになるための修行を積んだ。叔母の屋敷には女子(いなぐ)サムレーが住んでいて、女子サムレーに囲まれて育ち、武芸の修行も当然の事のように励んだ。祖父が中山王になるとキラマ(慶良間)の島から来た先代のサスカサから指導を受けて、十六歳の時、セーファウタキ(斎場御嶽)で儀式をして、サスカサを継いだ。同じ年頃の男の子が近づいてくる事もなく、ササが妊娠するまで、マレビト神にも興味はなかった。叔母の安須森ヌルに憧れていたので、ヌルになったのは素直に心に従っていた。三年前の十月、奥間(うくま)のサタルーがクジルーを連れて島添大里グスクに来た。クジルーに会った時、胸がときめいて、マレビト神かしらと思った事もあったが、その後、会う事もなく、戦(いくさ)の最中だったので忘れようと思った。あの時、素直に心に従っていたらクジルーに会いに奥間まで行っていただろう。クジルーはマレビト神だったのかしらと今更ながらサスカサは考えていた。
 阿布木名ヌルもイラフ姫にマレビト神の事を聞いていた。唯一のトゥク姫の子孫なので、跡継ぎを絶やすわけにはいかないと焦っているのかもしれないとサスカサは思った。
 突然、まぶしい光に包まれて、目を閉じ、目を開けると二人の神様が現れた。勿論、サスカサが初めて見る神様だが、スサノオ瀬織津姫だとすぐにわかった。二人ともサスカサが思い描いていた姿のまま現れていた。
「おっ、サスカサがササの代わりに来ているのか。しばらく見んうちに美しくなったのう。母親に似たようじゃな」とスサノオがサスカサを見て笑った。
「お祖父(じい)様、どうして、ここにいるの?」とユンヌ姫が飛んできて聞いた。
「今年もササたちが来ないので、瀬織津姫様が心配してのう。一緒に様子を見に来たんじゃよ。首里に行ったらササが可愛い赤ん坊を抱いていたので驚いたぞ」
「ササはまだ首里にいるのですか」とシンシンがスサノオに聞いた。
「何じゃ、知っておったのか」
「ヤマトゥに行く交易船が永良部島に寄ったのです。その時に聞きました」
「そうじゃったのか。ササは若ヌルたちと一緒に龍天閣(りゅうてぃんかく)にいるが、若ヌルが随分と増えていたぞ」
「ヤマトゥから帰ってきて、ササの弟子になった若ヌルたちもいるのです」
「面倒見のいい事じゃ。みんな、高い所が好きなようで、楽しそうにやっておった」
「王様(うしゅがなしめー)がいないので、龍天閣を占領したのね」とナナが笑った。
「赤ちゃんはヤエという名前の可愛い子で、丁度一月前の満月の晩に生まれたそうよ。今頃、月を見ながらキャッキャッて笑っているでしょう」と瀬織津姫が言った。
 サスカサたちはいつものようにスサノオ瀬織津姫と話をしていたが、徳之島のヌルたちは驚きの余りひれ伏していて、神様たちも二人の出現に驚いてポカンとしていた。
「ユンヌ姫の娘たちと知念姫(ちにんひめ)様の娘たちじゃな。山のてっぺんが明るかったので下りてみたら、お前たちがいたので一緒に酒を飲もうと現れたんじゃよ。サハチがとうとう琉球を統一したようじゃな。祝い酒といこう」
 ひれ伏しているヌルたちの顔を上げさせて、改めて乾杯をした。
スサノオ様、わたしの母を知っているのですか」とサスカサが聞いた。
「おう。声を掛けたら驚いておった。アキシノを助けてくれたお礼を言ったんじゃよ。瀬織津姫様の勾玉(まがたま)を下げて今帰仁(なきじん)グスクに攻め込んだそうじゃのう。大した女子(おなご)じゃ。お前も母親のようになりそうじゃな。琉球のために、これからも頼むぞ」
 ヌルたちがササの事を聞かせてくれと言ったので、スサノオはササとの出会いから話し始めた。
「わしが豊玉姫(とよたまひめ)に贈った勾玉を身に付けた娘が突然、京都の船岡山に現れた。それがササだったんじゃよ。ササは翌年もやって来て、豊玉姫の事を聞いた。わしは教えてやったよ。ササは九州にある豊玉姫のお墓を見つけ出して、わしの娘の玉依姫(たまよりひめ)と会い、玉依姫琉球に連れて行ったんじゃ。翌年はユンヌ姫を連れて来てくれた。その年にサスカサも一緒に来たんじゃったな」
「はい。高橋殿と一緒に熊野に行って新宮(しんぐう)の十郎様と会いました」
「ササは源氏を調べるために熊野に行き、翌年は平家を調べるために熊野に行ったんじゃ。ササは疑問に感じた事を徹底的に調べて、わしと出会い、瀬織津姫様も探し出したんじゃよ。みんなも疑問を感じた事があったら納得するまで調べるがいい。結果はどうであれ、その過程で経験した事は決して無駄にはならないじゃろう」
 スサノオが話すササの話をヌルたちも神様たちも真剣に聞いていた。瀬織津姫もササのお陰で立ち直る事ができて、お礼として勾玉を贈った事を話した。
 ササの事をよく知っているサスカサ、シンシン、ナナ、志慶真ヌルもスサノオ瀬織津姫が話すササの話を聞いて、改めてササの凄さを感じていた。

 

 

六花酒造 じょっぱり 長期熟成秘蔵古酒 [ 日本酒 1800ml ]

3-10.トゥクカーミー(第一稿)

 シンシンとナナが予想したように、島ヌルのカリーと親方の息子のサクラーは消えてしまった。どこに行ったのかわからないが、無事に帰ってくるまで、サスカサたちは待っている事にした。
 ヒューガは先に帰ったが、サンダラたちは一緒に残った。トカラの宝島まで行けば冬にならなければ帰れないので、急ぐ必要もないと言って、浜辺に店を開いていた。サスカサたちは硫黄(いおう)の採掘を手伝ったり、島の娘たちに武当拳(ウーダンけん)を教えたり、カリーの代わりに子供たちに読み書きを教えたりして過ごした。
 四日目の夕方、カリーとサクラーは無事に鳥島(とぅいしま)に帰ってきた。気がついたら豪華な御殿(うどぅん)にいたので二人は驚いた。永良部(いらぶ)ヌル(瀬利覚ヌル)が現れて話を聞いたら、カリーたちは神様(初代永良部ヌル)に呼ばれて永良部島に来ていて、永良部ヌルは神様に言われて、二人の面倒を見ていたと言った。二人は永良部ヌルと一緒に越山(くしやま)に登って、神様に感謝をして帰ってきたという。
 サスカサたちはカリーとサクラーを祝福して、翌日、永良部島に帰ってきた。
 後蘭孫八(ぐらるまぐはち)はグスクの南東にある丘の上に若按司(先代按司の次男マジルー)のためのグスクを築き始めていた。サグルーたちは永良部按司(サミガー親方)と重臣たちと一緒に、今後の対策を練っていた。サスカサは永良部按司鳥島の必要物資の補給を頼んだ。
 ジルムイと百人の兵を玉グスクに残して、サグルーたちが永良部島を離れ、徳之島(とぅくぬしま)に向かったのは六月十二日になっていた。徳之島按司を説得するために、母親のマティルマと妹のマハマドゥ、永良部ヌルも一緒に行った。
 サスカサたちはサンダラの船に乗っていた。畦布(あじふ)若ヌルのマチルー(先代永良部按司の次女)が一緒に乗っていた。マチルーは人質として来たわけではなく、サスカサたちが武芸の名人だと知って、弟の若按司を守るために強くなりたいと言ってサスカサの弟子になっていた。瀬底(しーく)若ヌル、与論(ゆんぬ)若ヌルに続いて三人目の弟子で、島に行く度に弟子が増えるので、まるで、ササみたいとシンシンとナナが笑った。
 風に恵まれて船は気持ちよく進み、正午(ひる)頃に徳之島に着いた。徳之島按司のグスクは島の南部にあるので、ウンノー泊(どぅまい)(面縄港)に向かっていたら、
「母間浜(ぶまはま)に行って」と神様の声が聞こえた。
 聞いた事のない声だった。
「あたしの娘のキキャ姫よ」とユンヌ姫の声が聞こえた。
「母間浜で母間ヌルが待っているわ」とキキャ姫が言った。
「母間ヌルはトゥクヌ姫の子孫なの。トゥクヌ姫はキキャ姫の娘なのよ」とユンヌ姫が言った。
按司に会う前にトゥクヌ姫様に会った方がいいのですね」とサスカサが言った。
按司の事はサグルーたちに任せて大丈夫よ。徳之島は鬼界島(ききゃじま)(喜界島)と同じように早いうちからヤマトゥンチュ(日本人)が入ってきた特別な島だから、過去に何が起こったのかちゃんと知っておくべきよ」
「わかりました。母間浜に向かいます」
 ウンノー泊に着くと、サスカサは母間浜に行く事をサグルーに告げて、サンダラの船を島の東側を北上させた。一時(いっとき)(二時間)ほどで母間浜(母間港)に着いた。
 浜辺で待っていた母間ヌルは八歳くらいの娘を連れていて、サスカサたちが『まるずや』の船に乗ってきたので驚いた。母間ヌルが送ってくれた小舟(さぶに)に乗って上陸すると浜辺には大勢の人が集まってきた。『まるずや』目当ての客たちで、サスカサたちは人混みを抜けて母間ヌルと会った。
「勇ましい姿ですね」と母間ヌルはサスカサたちが腰に差している刀を見て笑った。
 サスカサは名乗って、ヌルたちを紹介した。
 母間ヌルは南側に見える山を指さして、「あのお山はブマウディー(井之川岳)と言って、この島で一番高いお山です。あのお山の頂上にトゥクヌ姫様のウタキ(御嶽)があります。トゥクヌ姫様がお待ちしておりますので、ご案内いたします」
 サスカサを守らなければならないと言ってサンダラが付いてきた。断っても無駄だと思い、サスカサは一緒に来てと言った。
 母間ヌルの娘のイサは元気な娘で、先頭に立って歩き、若ヌルたちに島の事を色々と教えていた。
 サスカサは母間ヌルから徳之島按司の事を聞いた。
 母間ヌルがイサを産んだ前年に、山北王(さんほくおう)が攻めてきて、先代の按司は殺され、先代に仕えていた大城按司(ふーぐすくあじ)と花徳按司(けぃどぅあじ)も殺された。城下は焼かれて、戦に巻き込まれて亡くなった島人(しまんちゅ)も多かったという。
「今度も戦(いくさ)になるのですか」と母間ヌルは心配そうに聞いた。
「ならない事を願っています。今の按司の奥さんは山北王の妹だと聞いています。奥さんにそそのかされて、按司が抵抗しなければいいのですが」
按司様(あじぬめー)は山北王を恐れていて、わがままな奥方様(うなぢゃら)の言いなりでしたが、山北王が亡くなって、内心、ホッとしているのではないでしょうか。中山王(ちゅうざんおう)がこの島の按司として認めてくれれば、中山王に従うと思います」
按司は奥さんを押さえられますか」
「後ろ盾を失った奥方様を恐れる事はないでしょう。実はあの子の父親は按司様なのです」
「えっ!」とサスカサたちは驚いて立ち止まり、母間ヌルを見た。
「奥方様を恐れて、この事はずっと内緒にしてあります。按司様が中山王に従えば、イサも堂々と父親に会う事ができるようになるでしょう」
按司がマレビト神だったのですか」とナナが聞いた。
「出会った時はまだ按司ではありません。畦部大主(あじふうふぬし)と名乗っていました。わたしと出会った畦布大主様は、戦で活躍して按司になって、この島に住むと約束してくれました。約束通りに、花徳按司と大城按司を倒して按司になったのです。戦が終わって、冬に山北王は帰りましたが、畦布大主様は残りました。翌年の夏に家族がやって来るまで、畦布大主様は母間までよくやって来ましたが、奥方様がいらっしゃると警戒して、あまり来なくなってしまったのです」
「あの子は父親の事を知っているの?」
按司様だとは知りません。永良部島のサムレーだと言ってあります」
「近くにいるのに会えないなんて可哀想ね」
 集落を抜けて細い山道に入って行った。
「山北王が攻めて来る数日前に、わたしはこの島に来たのですよ」とシンシンが行った。
「覚えています」と母間ヌルは言って笑った。
「わたしは会ってはいませんが、女子(いなぐ)のサムレーがやって来たと島中で噂になりました。それから十日くらい経って山北王が大きなお船に乗って攻めてきたのです」
「その時、按司の妹の徳之島ヌルがあちこちのウタキを案内してくれましたが、徳之島ヌルも殺されてしまったのですね」
「徳之島ヌルは生きています。按司だった兄と甥の若按司は殺されましたが、母親と若ヌルだった姪は助けられて、母親と若ヌルを連れて犬田布(いんたぶ)に隠棲しました。今は犬田布ヌルを名乗っていて、按司様の娘を徳之島ヌルにするための指導をしています」
「敵(かたき)の娘を指導しているなんて、麦屋(いんじゃ)ヌルと同じだわ」とナナが言った。
「中山王が山北王を滅ぼしたと聞いた時、犬田布ヌルは泣いていました。中山王が敵を討ってくれたと感謝していました。犬田布ヌルは中山王が按司様も倒してくれる事を願っているようだけど、その願いはかなわないわね。犬田布ヌルの父親は三代目の按司で、母親は山北王に滅ぼされた与論按司(ゆんぬあじ)の娘で、中山王だった察度(さとぅ)の姪でした。察度が亡くなり、跡を継いだ武寧(ぶねい)も滅ぼされて、後ろ盾を失った先代は山北王に滅ぼされたのです」
「武寧は山北王の義父だったわ。義父が亡くなって、義父の従姉(いとこ)が嫁いだ島を奪い取るなんて、ひどい事をするわね」
「初代の按司はミナデウンノーと呼ばれた英雄だったのです。ミナデウンノーは各地にいた按司たちを倒して、島を統一して按司になりました。わたしの曽祖母はミナデウンノーと結ばれて祖母を産みました」
「ミナデウンノーって何者なのですか」とサスカサが聞いた。
浦添按司(うらしいあじ)だった玉城(たまぐすく)の弟のようです。当時、与論島と永良部島を支配していた今帰仁按司(なきじんあじ)の義弟でもあったようです」
「その頃の今帰仁按司って千代松(ちゅーまち)じゃないの?」とナナが言った。
「そうです。千代松様です。二代目の按司様の奥方様は千代松様の娘さんでした」
「すると、徳之島は今帰仁按司支配下だったのですね」
「そのようです。千代松様が亡くなった後、永良部島は按司が入れ替わりましたが、徳之島按司は無事でした。初代の按司様は琉球のウンノーから来たので、ミナデウンノーって呼ばれて、グスクもウンノーグスクになりました。港もウンノー泊になって、あの辺りはウンノーと呼ばれるようになったのです」
琉球のウンノーってどこなの?」とサスカサが聞いた。
 母間ヌルは首を傾げてから、「ミナデウンノー様はウンノーウディーで武芸の修行に励んで、ウンノーヌルと出会って妻に迎えて、この島に連れてきたと伝えられています」と言った。
「ウンノーヌル? 聞いた事もないわね。ウンノーウディーという地名も知らないわ」とナナが言った。
「ウディーというのはお山の事です。ウンノー山か、ウンノー岳だと思います」
「恩納岳(うんなだき)かしら?」とシンシンが言って、「ウンノーは恩納の事よ」と手を打った。
「恩納がウンノーか。そうかもしれないわね」とナナもうなづいた。
 険しい場所もなく、半時(はんとき)(一時間)ほどで山頂に着いた。山頂は思っていたよりも広く、大きな岩がいくつもあった。眺めもよくて、海の向こうに奄美大島の島々が見えた。
 古いウタキは樹木(きぎ)が生い茂っている中にあり、巨岩の前に祭壇らしき平らな岩もあった。サスカサたちはお祈りを捧げた。
「祖母からあなたたちの事は聞いたわ」と神様の声が聞こえた。
「トゥクヌ姫様ですね」とサスカサが聞いた。
「キキャ姫の娘のトゥクヌ姫よ。よろしくね」
「ここに来る途中で母間ヌルから『ミナデウンノー』の話を聞きましたが、琉球の恩納から来たのですか」
「そうよ。恩納ヌルを連れてやって来て、この島を統一して徳之島按司になったのよ。来た当初は『恩納ぬミナデ』って呼ばれていたんだけど、いつしか『ミナデウンノー』って呼ばれるようになったのよ」
「その頃、この島には按司が何人もいたのですか」
「いたわ。トゥクカーミーが終わって、関わっていた人たちが引き上げてから四十年が経っていたけど、昔の夢が忘れられずに、この島にしがみついて小競り合いをしていたのよ」
「トゥクカーミーって何ですか」
「トゥクカーミーはこの島で焼かれた甕(かーみー)の事よ。この島から奄美の島々、琉球やミャーク(宮古島)、八重山(やいま)にも運ばれて、ヤクゲー(ヤコウガイ)やブラゲー(法螺貝)と交換されたのよ」
「ここで作られた甕がミャークや八重山にも行ったのですか」とナナが驚いた。
「そうよ。最盛期は凄かったわ。トゥクカーミーを積んだお船が次々に出掛けて行って、貝殻を満載にしたお船が鬼界島に向かって行ったのよ」
「どうして鬼界島に行くのですか」とサスカサが聞いた。
「鬼界島にヤマトゥの役所があったのよ。最初から話さないと、この島の事はわからないわ」とキキャ姫の声がして、キキャ姫は七百年余り前に鬼界島に大宰府(だざいふ)の役人がやって来て、遣唐使(けんとうし)のために建てた『唐路館(とうろかん)』の事から話し始めた。
 突然、ヤマトゥから大きな船が何隻もやって来て、女官を連れた役人たちが百人余りも鬼界島に住み着いた。当時、キキャ姫の子孫のヌルが島を統治していて、ヌルは島の発展のためにヤマトゥンチュたちを歓迎した。
 翌年、鬼界島に初めて遣唐使が来た。四隻の大きな船に五百人も乗っていて、鬼界島は人で溢れた。遣唐使たちは風待ちのために十日余り滞在して、奄美大島に向かって行った。十五年後に二度目の遣唐使が四隻の船で来た。その一行にいた留学生は若ヌルのマレビト神だった。若ヌルは翌年、娘を産むが、仲麻呂(なかまろ)と名乗った留学生と二度と会う事はなかった。その十六年後に三度目の遣唐使が来て、その十九年後に四度目の遣唐使が来て、その九年後にヤマトゥに帰る遣唐使が来たのが最後で、その後、遣唐使の航路は変わってしまう。
 遣唐使の船が来る事はなくなるが、鬼界島はヤコウガイの交易拠点となった。大宰府からヤマトゥの商品を積んだ大きな船がやって来て、ヤマトゥの商品を積んだ船が奄美の島々や琉球に行ってヤコウガイを集め、集められたヤコウガイ大宰府の船の乗せられてヤマトゥへと行った。やがて、鬼界島に行けばヤマトゥの商品が手に入る事を知った奄美の島の人たちや琉球の人たちもやって来て、鬼界島は賑わった。
 百年くらいは順調だったが、九州の商人たちが大宰府の許可なく、商品を積んで島々を巡るようになってくる。彼らは鬼界島では手に入らない刀や槍などの武器の取り引きもしたので島の人たちに喜ばれた。琉球でも九州の商人たちは歓迎され、武器を手にした首長たちは兵力を蓄えて、按司が誕生していく事になる。
 やがて、ウミンチュ(海士)を連れてやって来て、勝手にヤコウガイを捕っていく悪賢い奴らが現れてくる。奄美の島々や琉球は『唐路館』の役人に、やめさせるように頼むが、大した兵力もない役人の手には負えなかった。そんな頃、ヤマトゥの商品を積んで鬼界島に向かっていた船が嵐に遭って沈没してしまう。ヤコウガイを先に渡していた人々がヤマトゥの商品を渡せと怒り、勝手にヤコウガイを捕っている奴らに怒っていた各島々の首長たちも怒りを爆発させてしまう。
 島々の首長たちは立ち上がり、武装した人々を引き連れて九州に向かい、西沿岸の港を襲撃して略奪を繰り返し、ウミンチュたちを捕まえて凱旋した。当時、琉球の首長はヌルたちだったが、補佐役の按司たちを出陣させた。凱旋した按司たちは人々から歓迎され、ヤマトゥンチュの報復に備えて守りを固め、ヌルたちから主導権を奪い、按司の時代に入っていく。九州の商人たちから武器を手に入れた事で、ヌルの時代から按司の時代へと変化していったのだった。
「それはいつの事なのですか」とサスカサが聞いた。
「四百年くらい前かしら」とキキャ姫が言って、
「平家が栄える前の話よ」とユンヌ姫が言った。
「ヤマトゥンチュの仕返しはあったのですか」とナナが聞いた。
「同じ頃、高麗(こーれー)の海賊が九州の各地を攻めていたようなの。そっちの方の対応が忙しくて、奄美の事は大宰府に任されたのよ。鬼界島の役人に暴れている奄美人(あまみんちゅ)を捕まえろって命じたけど、鬼界島にとっても無断でヤクゲーを捕っている奴らは憎いから、そいつらを捕まえて処刑して、退治したと報告したのよ。その事件から七、八十年が経って、博多の商人たちが高麗人(こーれーんちゅ)の職人を連れて鬼界島に来て、熊野水軍の山伏たちも大勢やって来たわ。役人たちと相談して、徳之島で甕を焼く事に決まってトゥクカーミーが始まったのよ」
「どうして、徳之島で甕を焼く事になったのですか」
「焼いた甕とヤクゲーを交換すれば、ヤマトゥの商品が届かなくても騒ぎが起きないでしょ。でも、あれだけ大規模な甕作りが始まるなんて、当時のあたしにもよくわからなかったのよ。つい最近、母と一緒にヤマトゥに行って玉依姫(たまよりひめ)様から当時の事を聞いて、やっとわかったわ。その頃、ヤマトゥでは白河天皇という力を持った人がいて、立派なお寺を建てるために大量のヤクゲーを必要としていたみたい。白河天皇がその事を熊野別当に頼んで熊野水軍が動いたらしいわ。熊野別当もブラゲーが欲しくて天皇の力を利用したのよ。一応、海外交易を担当していた大宰府の役人も加わっているけど、博多にいた宋(そう)の国の商人たちも加わったのよ。宋の商人たちは精密な螺鈿細工(らでんさいく)が欲しかったの。宋の偉い人たちに高く売れたようだわ。宋の商人たちは高麗とも取り引きしていたので、高麗人の焼き物職人たちを連れて来たのよ。天皇が後ろ盾になっているから大規模な窯(かま)を作って、ヤクゲーやブラゲーと交換する甕作りが始まったのよ。熊野水軍は甕をお船に積んで、ミャークや八重山にも行ったわ。ミャークや八重山にも熊野権現があったって母から聞いたわ。トゥクカーミーを積んだお船に乗って行った山伏たちが、あちこちの島に熊野権現を祀ったのよ。それからの事はトゥクヌ姫に任せるわ」
「島の南部に大きなお船が何隻も来て、大勢の人たちが上陸して来たのよ。まさに、大事件だったわ」とトゥクヌ姫が言って話を引き継いだ。
「ヤマトゥンチュの大宰府の役人や熊野の山伏、唐人(とーんちゅ)の博多の商人、高麗人の焼き物職人と色んな言葉をしゃべる人たちが大勢やって来たのよ。炊き出しをするための女たちも大勢いて、お祭り騒ぎたったわ。この島のためになるから歓迎しなさいって、あたしは母間ヌルに言ったのよ。職人たちはあちこちの土を調べて、インタブウディー(犬田布岳)の南麓の樹木を切り倒して、いくつもの窯を作ったわ。窯場の近くに役人たちのお屋敷や職人たちの家が建ち並んで、何もなかった所に賑やかな都が出現したのよ。甕ができると熊野水軍お船に積んで、南へと旅立ったわ。そして、貝殻を満載にして戻って来て、博多の商人たちを乗せて帰って行ったの。島に残った熊野水軍もいて、季節に関係なく甕を積んで島々を巡って貝殻を集めたのよ。当時、島尻泊(しまじりどぅまい)と呼んでいたウンノー泊には、貝殻の蔵と甕の蔵がずらりと並んでいたわ。船乗りたちの家も建ち並び、遠くから来た人たちのための宿屋もあったのよ。やがて、ヤマトゥの国が平家の世の中になると、大宰府も平家の言いなりになって、この島にも平家のサムレーがやって来たわ。薩摩に阿多平四郎という勢力を持ったサムレーがいて、平家に追われて鬼界島に逃げて来たんだけど、鬼界島にいた大宰府の役人や平家のサムレーたちを追い出して、鬼界島を支配したのよ。今の御所殿(ぐすどぅん)の先祖よ。平四郎はこの島にも攻めてきて、役人や平家を追い出して、トゥクカーミーの交易を支配したわ。平四郎は薩摩にいた頃からトゥクカーミーの交易に関わっていて、博多の商人たちとも知り合いだし、熊野水軍とも親しくて、自分の水軍も持っていて貝殻を運んだりもしていたらしいわ。平家が滅んで源氏の世の中になっても、阿多平四郎の子孫たちは鬼界島を支配していて、この島も支配していたのよ」
「そこの所はあたしに任せて」とキキャ姫が話に割り込んだ。
「阿多平四郎の娘は源為朝(みなもとのためとも)と結ばれたのよ。手に負えない暴れ者だった為朝は九州に追放されたけど、九州でも暴れて、九州を平定してしまうの。平四郎は為朝を娘の婿に迎えるんだけど、京都に帰った為朝は戦に敗れて伊豆の大島に流されてしまうのよ。為朝は伊豆の大島で亡くなったけど、娘は平太という息子を産んだわ。平太が平四郎の跡を継いで、源氏が鬼界島に攻めて来た時、御所殿だった平太は為朝の遺品を見せて、息子だと証明して、鬼界島の事を任されたのよ。その時、平太から源八に名前を変えて、源八の次男が徳之島に来て徳之島を支配したのよ。トゥクヌ姫、話を続けて」
 為朝の事はサスカサも知っていた。ヤマトゥに行った時に話を聞いて、帰国した後、安須森(あしむい)ヌルに話して、安須森ヌルは『鎮西八郎為朝(ちんじーはちるーたみとぅむ)』というお芝居を作っていた。弓矢の名人で大男の為朝の子孫が鬼界島にいたなんて信じられないとサスカサたちは驚いた。
「源八の次男の源次郎は御所殿と呼ばれて豪華なお屋敷で暮らしていたわ。今、按司のグスクがある所にお屋敷があったのよ。島の人たちにとっては、上の人が大宰府の役人だろうが平家だろうが、阿多氏だろうと関係ないわ。甕を焼いて、貝殻と交換する交易は変わりなく続いていたのよ。でも、この島にも按司が現れたわ。熊野の山伏が住み着いて阿布木名(あぶきなー)(天城町)の山にグスクを築いたのが始まりで、勢力のある島人たちも山の上にグスクを築いて按司を名乗って武力を誇るようになるわ。御所殿もお屋敷の周りに石垣を築いて守りを固めて、窯場の警護も厳重になったわ。そんな頃、浦添按司になる前の若い英祖(えいそ)もこの島に来たのよ。島の賑わいを見て驚いていたわ。当時、この島では銭(じに)が流通していたのよ。島人たちは銭でお米や着物を買っていたの。琉球で銭が流通するのは百年後の事なのよ。英祖が来てから十年余りが経って、英祖の弟が徳之島に来たわ。英祖は浦添按司になっていて、徳之島を支配下に組み入れようとしていたの。御所殿は英祖に従ったのよ。当時、鎌倉の幕府に仕えるサムレーで千竃(ちかま)氏というのがいて、徳之島も鬼界島も自分の領地だと主張していたらしいわ。それを牽制するために、徳之島と鬼界島は琉球の領土だと思わせるために表向きだけ英祖の支配下に入ったのよ。それから十年くらい経って、宋の国が滅んで日宋貿易は終わったわ。さらに、蒙古(もうこ)の大軍が博多に攻めて来て博多は全焼してしまい、二百年も続いたトゥクカーミーと貝殻の交易は終わってしまったのよ。御所殿も鬼界島に引き上げて行って廃墟のようになってしまったわ。二百年の間にお山の樹木も切り払われて、すっかりハゲ山になってしまったわ。大勢の人たちが忙しそうに働いていた時は気にならなかったけど、人がいなくなったら惨めな姿をさらしていたわ。何人かの職人たちは残って甕を焼き続けたけど、貝殻と交換しても引き取り手はいないし、生きるために食糧と交換するしかなくて、細々と生きていくしかなかったのよ」
「この島が賑わっていた頃、職人たちの食糧はどうしていたのですか」とナナが聞いた。
「貝殻を積んで行ったお船がヤマトゥの商品や食糧、必要雑貨を運んで来たのよ。ヤマトゥの商品は鬼界島で下ろされて、鬼界島の役人たちが独自に取り引きをしていたわ。英祖も徳之島から鬼界島に行って、武器を手に入れて勢力を広げたのよ。この島に来た食糧や雑貨類は、トゥクカーミーの取り引きに関わっている人たちに配られたのよ。やがて、銭が流通するようになると手間賃を銭で払うようになって、食糧や雑貨を銭で買うようになるの。毎年、余剰の食糧や雑貨があって、それらを目当てにやって来る者たちもいたわ。余剰の食糧や雑貨で稼いで按司になった者もいたのよ。あっ、石鍋(いしなーび)を忘れていたわ」
「石鍋って何ですか」とサスカサが聞いた。
「石でできた鍋よ。まだ鉄の鍋がない頃、料理をするのに重宝したのよ。石鍋は九州で作られて、トゥクカーミーが始まる時に大量に運ばれてきて、トゥクカーミーと一緒に貝殻交易に使われたのよ。その後も食糧と一緒に運ばれてきて、石鍋はトゥクカーミーと一緒に各地に広まっていったの。話を戻すけど、御所殿が引き上げた後、島内の按司たちが勢力争いを始めたわ。御所殿から命じられて窯場の警護をしていたアザマ按司とウービラ按司が争って、アザマ按司が勝って御所殿のグスクに入って島尻按司を名乗ったの。北部でも大城按司と花徳按司が争いを始めたわ。熊野水軍の大和城按司(やまとぅぐすくあじ)も三代目になっていて、熊野水軍が来なくなってしまったけど倭寇(わこう)が来るようになって、真瀬名川の河口は倭寇の中継地として機能するのよ」
「その頃の倭寇は何を求めてやって来たのですか」
「英祖は宋の商人と貝殻の交易をしていたのよ。貝殻と言ってもヤクゲーやブラゲーじゃなくてシビグァー(タカラガイ)よ。トゥクカーミーに関わっていた宋の商人が琉球でシビグァーが取れる事を知って、博多を通さずに直接、取り引きを始めたようだわ。宋の国の山奥の方ではシビグァーが銭の代わりとして使われているらしいわね。それで、琉球に行けば宋の商品が手に入るので倭寇たちは琉球に行ったのよ。英祖は宋の商品を持たせた使者を鎌倉にも送って、お礼として名刀をもらってきたわ」
「英祖の宝刀だわ」とシンシンが言った。
「いよいよ、ミナデウンノーの登場よ。ミナデは英祖の曽孫(ひまご)なの。父親は英祖の孫の英慈(えいじ)で、長兄の浦添按司、次兄の八重瀬按司(えーじあじ)、三兄の北原按司(にしばるあじ)は四兄の玉城に滅ぼされたわ」
「北原按司はミャークに逃げたのね」とナナが言った。
「祖母から聞いて驚いたわ」
「どうして、玉城は三人の按司を倒したのですか」とシンシンが聞いた。
「それは玉城の意志じゃないのよ」とユンヌ姫が答えた。
「義父の玉グスク按司が昔の栄光を取り戻したくて、玉城を浦添按司にしたのよ。瀬織津姫(せおりつひめ)様の頃からずっと玉グスクは琉球の都だったけど、島添大里(しましいうふざとぅ)按司の婿だった舜天(しゅんてぃん)が浦添按司になってから浦添が栄えて行って、英祖が浦添按司になると海外との交易を盛んにして、港のない玉グスクは寂れてしまったのよ。玉グスク按司は娘婿の玉城を浦添按司にして、玉グスクを以前のように栄えさせたかったの。交易で手に入れた商品は玉グスクへと運ばれて、玉グスクは以前の繁栄を取り戻したかに見えたんだけど、察度に滅ぼされて、また寂れちゃったのよ」
「さっきの話の続きだけど、三兄の北原按司と四兄の玉城の間に千代松の奥さんがいるのよ。五兄は中グスク按司の婿になって、六兄は越来(ぐいく)にグスクを築いて初代の越来按司になったわ。自分もどこかにグスクを築いて按司になろうと思っていたミナデは、強くなるために武芸に打ち込んで、修行の旅に出たわ。恩納岳の山中で修行していた時、弓矢の名手の恩納ヌルと出会ったのよ。お互いに相手の腕を認めて、一緒に修行に励んで、二人は結ばれたわ。兄の玉城が上の兄たちを倒して浦添按司になった時はまだ十一歳だったので戦には出ていないけど、義兄の千代松が今帰仁グスクを取り戻して按司になった時は二十歳になっていて、ミナデも恩納ヌルと一緒に活躍したのよ。今帰仁に残れって千代松に引き留められたけど、武芸の修行を続けたいと言って二人は恩納に帰ったわ。恩納岳で厳しい修行を積んで自信を持ったミナデと恩納ヌルは今帰仁に挨拶に行ったの。逞しくなった二人を見て、千代松は徳之島を平定して来いって言ったのよ。ミナデと恩納ヌルは今帰仁の兵を率いて徳之島を攻めたわ。最初に島尻按司を倒してグスクを奪い取って、次にウービラ按司を倒したの。島尻按司の妹にマルという勇敢なヌルがいたけど、恩納ヌルと戦って敗れたわ。南部を平定した後、北に向かったけど、大和城按司も大城按司も花徳按司も戦わずに降参したので配下にしたのよ。ミナデはトゥクカーミーも再開して、浦添今帰仁に持って行って、必要な雑貨類と交換して来たのよ。やがて、兄の玉城が亡くなると若按司の西威(せいい)がまだ十歳だったので母親が後見したんだけど、その母親がどうしようもない女で、庶民の事なんて顧みないで贅沢のし放題だったの。千代松が怒ってね、元(げん)の商人との取り引きを奪い取っちゃったのよ。英祖の頃からやっていたシビグァーの取り引きよ。千代松は運天泊(うんてぃんどぅまい)で取り引きを始めて、ミナデもシビグァーを集めて運天泊に送ったわ。シビグァーのお陰で島も活気づいて来たのよ。千代松が亡くなって、帕尼芝(はにじ)が若按司を殺して今帰仁按司になってもシビグァーの取り引きは続いたわ。帕尼芝の奥さんは千代松の娘で、ミナデの長男の若按司の奥さんも千代松の娘で、若按司の奥さんの方が姉さんだったのよ。帕尼芝も奥さんには頭が上がらないみたいで、奥さんに言われて、今まで通りに取り引きに参加させたのよ。帕尼芝が永良部島を攻め取ったけど、徳之島を攻めなかったのは奥さんに言われたからに違いないわ。シビグァーの取り引きは西威を倒して浦添按司になった察度も始めたのよ。千代松から察度の事を聞いたミナデは察度に会いに行って取り引きをまとめて、浮島にもシビグァーを送ったわ」
「ミナデウンノーは察度から鳥島に水や食糧を運ぶ事を頼まれたのですか」とサスカサが聞いた。
「そうなのよ。察度はお礼として元の商品やヤマトゥの刀を贈ってくれたわ。毎年、夏になると察度の知り合いの倭寇が届けてくれたのよ。でも、察度が亡くなったら、それもなくなってしまって、それでも鳥島の人たちが可哀想だと送っていたんだけど、シビグァーの取り引きも終わってしまって、鳥島の面倒まで見られなくなったのよ」
「どうして、シビグァーの取り引きは終わったのですか」
「元の商人が来なくなったらしいわ。代わりに海賊が来るようになったんだけど、海賊はヤマトゥの商品を欲しがって、シビグァーは必要なくなってしまったのよ」
「でも、察度が明国(みんこく)との交易を始めたら、また必要になったんでしょう」
「そうなのよ。その頃はミナデは亡くなっていて二代目の時代だったけど、二代目は喜んでシビグァーを送ったわ。でも、武寧の代になったら、貝殻なんかわざわざ持ってくるなって言われたのよ。武寧は海外交易を唐人のアランポーに任せっきりだったから貝殻の価値を知らないのよ。シビグァーを銭の代わりに使っている国があるなんて、まったく知らなかったのよ」
「ミャークの人たちも同じ事を言われて、怒って琉球に来なくなったわ」とナナが言った。
「その頃は三代目だったけど、同じように怒って、鳥島の補給もやめてしまったのよ。武寧が滅ぼされて、今の中山王になってから、シビグァーの取り引きも再開されて、お茶を飲むためのお椀作りも始まったのよ。でも、山北王に攻められて、ミナデの子孫は四代目で滅ぼされてしまったのよ」
「今でもお茶碗作りは続いているのですか」とサスカサが聞いた。
「続いているわ。山北王の支配下になった後は今帰仁の城下にお店を出して売っていたのよ。戦の時に焼けてしまったけど、また、お店が出せるといいわね」
今帰仁だけでなく、首里にもお店を出せば、お茶碗は売れると思います」
「この島の事がわかったかしら。二百年続いたトゥクカーミーの時代は今思えば夢のような時代だったけど、あの時、島に来た人たちの子孫で、この島に残っている人たちも大勢いるわ。ヤマトゥンチュの子孫や唐人の子孫や高麗人の子孫も、今ではわからなくなってしまって、みんな仲良く暮らしているわ。八年前の時のような悲惨な戦は起こさないでね」
 戦にならないように努力しますと言って、サスカサたちはトゥクヌ姫と別れた。

 

 

 

ヤコウガイの考古学 (ものが語る歴史シリーズ)