長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部はその後の尚巴志の活躍です。お楽しみください。

山南王、汪応祖の略歴

1362年 汪英紫の次男として与座グスクに生まれる。童名はシタルー(四太郎)。1歳
1369年 父が八重瀬按司となり、八重瀬グスクに移る。8歳
1371年 姉が浦添の若按司(武寧)に嫁ぐ。10歳
1372年 浦添按司の察度、明国に進貢を始め、琉球中山王となる。11歳
1376年 兄の達勃期、玻那グスク按司の娘を嫁にもらう。15歳
1377年 父が新グスクを築き、新グスクの守将になる。16歳
    ヤマトゥの禅僧から禅とヤマトゥ言葉を習う。
1378年 中山王、察度の娘を妻に迎える。17歳
1379年 弟が具志頭按司に婿に入る。屋冨祖に屋敷を建て屋冨祖の若按司と呼ばれる。
1380年 父が島添大里グスクを攻め取り、島添大里按司になる。19歳
    兄の達勃期が八重瀬按司となり、シタルーは父と共に島添大里グスクに移る。
    長女、生まれる。
    従兄の島尻大里按司(承察度)が明に進貢し、琉球山南王になる。
1381年 明から進貢船が帰る。明に行った者から明の事を聞く。20歳
1382年 次女、生まれる。21歳
1383年 馬天浜に来た早田氏と交易する。22歳
    妹のウミカナが大グスク按司の側室になる。
    従兄の島尻大里按司が明に進貢する。
1385年 父と共に大グスクを攻め取り、大グスク按司になる。24歳
    焼け落ちた大グスクの屋敷を新築する。
    佐敷グスクに馬天泊の共用を認めさせて休戦する。
    佐敷グスクで、剣術の稽古をしているサハチと会う。
    長男、タルムイ生まれる。
    糸満に山南王が明から賜わった船を見に行く。
    従兄の島尻大里按司が明に進貢する。
1386年 長女が病死する。25歳
    早田氏、馬天に来る。挨拶に出かけ、交易をする。
1387年 宮古島の与那覇勢頭、沖縄に来る。26歳
    父が山南王の使者として明に渡り、山南王叔汪英紫として進貢①する。
1388年 父、無事に明から帰国する。27歳
    三女、ウミトゥク生まれる。
1389年 豊見グスクを築き、豊見グスク按司となり、浮島の久米村に接近する。28歳
    大グスクには弟の屋冨祖が入り、大グスク按司になる。
    中山王の察度、高麗に使者を遣わす。
    次男、生まれる。
    与那覇勢頭、宮古島に帰る。
    高麗の使者が琉球に来る。
1390年 宮古八重山が中山に入貢。29歳
    高麗の使者、披慮人37人を連れて帰る。
1391年 今帰仁合戦に出陣。佐敷按司と共に名護グスクを押さえる。30歳
    父は水軍の大将として活躍し、兄は今帰仁で活躍する。
    父が山南王の船を借りて、山南王叔として明に進貢②する。
1392年 佐敷按司が突然、隠居して、若按司のサハチが佐敷按司になる。31歳
    中山王察度、浦添按司を武寧に譲り、首里の隠居屋敷「首里天閣」に移る。
    従弟の三五郎と一緒に明に留学する。
1393年 父が山南王の船を借りて、山南王叔として明に進貢③する。32歳
    三男、生まれる。
    山南王の承察度(50)死す。若按司が跡を継ぐ。
1394年 山南王(24)、父に攻められ、朝鮮に亡命する。33歳
    父、島尻大里グスクを奪い、山南王となる。
    島添大里グスクには弟の屋冨祖が入り、島添大里按司になる。
    大グスクは島添大里グスクの出城となり、島添大里の武将が守る。
    父、山南王叔として明に進貢④する。
1395年 三五郎と共に明から帰国する。34歳
    明の言葉をしゃべって、久米村の亜蘭匏に近づく。
    察度(75)死す。武寧が中山王になる。
1396年 父、山南王叔として明に進貢⑤する。35歳
    国場川で「ハーリー」を始める。
    従弟の三五郎、中山の船に乗って、明に戻る。
    四男、生まれる。
    父、山南王叔として明に進貢⑥する。
1397年 四女、生まれる。36歳
1398年 五男、生まれる。37歳
    明国で洪武帝が亡くなり、家督争いが始まる。
1399年 明国から密貿易船が来るようになる。38歳
    五女、生まれる。
1400年 六男、生まれる。39歳
    唐人、ファイチ(懐機)が訪ねて来る。歓迎して、明国の状況を聞く。
    通事と仲良くなったファイチは、しばらく滞在して琉球の言葉を学ぶ。
1401年 六女、生まれる。40歳
    父、死す。兄の達勃期と家督争いが始まる。
1402年 中山王を味方に付けて兄に勝ち、山南王になる。汪応祖と名乗る。41歳
    豊見グスクは長男タルムイに任せる。
    弟の屋富祖が戦死し、島添大里グスクを佐敷按司のサハチに奪われる。
    交易のため、島添大里按司のサハチと同盟を結ぶ。
    中山王の武寧にお礼として、美女を側室として贈る。
    明国で、永楽帝が即位する。
    密貿易船が慌てて帰って行く。
    武寧の次男が阿波根にグスクを築いて、兼グスク按司を名乗る。
    山南王世子汪応祖として進貢①。
1403年 義兄の中山王の武寧と相談しながら、首里にグスクを造り始める。42歳
    明から返礼の使者が来る。来年、冊封使が来る事を伝える。
    今、工事中の首里のグスクで冊封の儀式をする事に決め、それにふさわしい会場    造りに変更する。
    明からの使者、帰る。
1404年 山南王世子汪応祖②進貢。43歳
    冊封のための首里の宮殿が一応、完成する。
    明から初めて冊封使が来る。
    兄の達勃期が糸数按司になった上間按司と同盟する。
    毎年恒例のハーリーに、冊封使たちを招待する。
    武寧が首里の宮殿で冊封を受け、正式に中山王となる。
    首里首里の宮殿で冊封を受け、正式に山南王となる。
    首里の宮殿を増築して、首里グスクにするための工事が再開される。
    中山武寧④と山南汪応祖③進貢。
    冊封使、帰国する。
1405年 山南汪応祖④進貢。44歳
    中グスク按司と同盟する。
    山南汪応祖⑤進貢。
1406年 山南汪応祖⑥進貢。45歳
    中山王と八重瀬按司(達勃期)が同盟する。
    首里グスクが完成する。
    中山王の武寧と兄の達勃期の兵に島尻大里グスクが包囲される。
    首里グスクを奪うつもりだったが、島添大里按司のサハチに先に奪われる。
    島添大里按司のサハチが武寧を倒して,父を中山王とする。


1413年 兄、タブチ(54)に殺される。52歳