長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2016-07-18から1日間の記事一覧

2-53.対馬の娘(第三稿)

瀬戸内海を無事に通過して、サハチたちが博多に着いたのは七月二十五日だった。 児島(こじま)の下(しも)の津で塩飽(しわく)三郎入道が待っていて、前回の約束通り、進貢船(しんくんしん)を見せるために船大工の与之助(よのすけ)を同行させた。与之助は口数が…