長編歴史小説 尚巴志伝

第一部は尚巴志の誕生から中山王武寧を倒すまで。第二部は山北王の攀安知を倒すまでの活躍です。お楽しみください。

2016-11-28から1日間の記事一覧

2-76.百浦添御殿の唐破風(第三稿)

八重瀬按司(えーじあじ)のタブチが帰ったあと、側室としてのメイユーの歓迎の宴(うたげ)が開かれた。主立った重臣たち、サグルー夫婦とサスカサ、女子(いなぐ)サムレーと侍女たちも呼んで、与那原(ゆなばる)にお祭りの準備に行っている佐敷ヌルとユリも呼び…